★ぷうすけアイランド★

− 在るのか無いのか分らない未来のために −

カテゴリ: リハビリ日記(2013/4/9から)

相変わらずの機械浴。
食事以外はベッド。
今日もリハビリはせず。
両手の爪を切ってもらった。
月末は髪の毛カット予約。
カット後に入浴してシャンプーして貰おう。
どうせリハビリは出来ないままだろう。
何のための通所リハビリなんだか。


今日も読んで頂きまして有り難うございます。
       片方だけ押してね m(__)m
       にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ


体調不良なり。
通所先で脈が抜けた。
末梢神経麻痺になるのかと思った。
原因は鬼嫁によるストレスだろう。

去年の10月と11月の日記を読んでみた。
毎日が気温と低気圧との戦いだった。
やはり暖かい春を待つしかないのだろう。

歩けるようになりたい。
ぴっぴと散歩したい。
歩行練習をしたい。
問題は自主リハビリのスペース。
ガレージで行いたいが車が1台増えてしまった。
平行棒やダンベルを置くスペースが無い。
室内でのリハビリは現在でもムリなのだ。
平行棒など手すり代わり。
ダンベルをいじるスペースなんて無い。
ストレッチのスペースさえ無いのだ。

去年のように自主リハビリをしたい。
筋力を付け骨を丈夫にしたい。
ガレージでなければ出来ない。
どうすれば良いのだ。


今日も読んで頂きまして有り難うございます。
       押してね m(__)m
        にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ


春になれば車を運転出来る希望が湧いてきた。

廃車も考えたが車検を取る準備をした方が良いだろう。
任意保険は先日更新済みだ。
困ったことに車検の段取りが出来ない。
多くの社会的な繋がりが無くなってしまった。
鬼嫁の知り合いに頼みたいが
果たして鬼嫁に段取りが出来るかどうか疑問だ。

鬼嫁の車は今時マニュアル車。
左半麻痺の私には運転不可能。
私の車はオートマだが鬼嫁は運転できない。
2台を廃車にして
小型のオートマ車を購入する金は無い。
車検を取るしかないのだ。
何とかせねば。

それにしても月日の経つのが早い。
何をするにも時間がかかるからだろう。
1週間が昨日のことみたいだ。
1日があっという間に終わってしまう。
間もなく春だ。
歳をとるのは嫌だが身体は楽になるだろう。
夏の蒸し暑さも辛いが歩けないよりはマシだと思う。
身にまとう衣服が1枚減るだけでも楽になる。
シャワーと風呂が辛いけど。

再発したらお終いなのだ。
在るのか無いのか分からない未来の為に
歩けることを目指して頑張ろう。

鬼嫁とぴっぴに少しでも良い思い出を残してあげよう。

指1本で打鍵してますので
考えながら記事を書けません。
文章におかしな部分があってもお許し下さい。


のんびりと10時起床。
食事とコーヒー、洗顔とトイレ。
新しい薬を処方されてから便が緩くなった。
運動不足で便秘するよりはマシだ。

ガレージで滑車をしていたら小雪が舞ってきた。
風は弱いが気温が低くて寒い。
今日も足をあげる練習をしてから
少し歩いてみたが40mが限界。
寒くて脚が上がらない。
杖を持たねば恐くて歩けない。

ぴっぴにおやつを与え、しばらく側にいた。
頭を撫でてあげる以上のことは出来ない。

他の方のブログを読むと症状は皆違う。
歩くことを目標にしている方は私より症状が軽い。
中には走ることを目指している方まで居る。

私は3年前の2月初旬に左脛骨(スネ)を螺旋骨折し
2kgの髄内釘を入れたままだ。
その時点で2度と走ることは出来なくなった。
ヒ骨も骨折したが足首捻挫が酷かった。
つま先が僅かに上がるようになったのは最近だ。

その年の12月初旬に脳梗塞で入院。
3日目か4日目に左半身麻痺になりベッドに転がっていた。
12月下旬の診断書は歩くことは不可能。
1月初旬にリハビリのために転院。
たまに左手で箸を使えるところまでは回復していた。

3月11日の東日本大震災で入院患者全員が避難所へ移動。
病室が無くなったので退院。

インフラ壊滅の中で年老いた両親と我が家の為の余震対策。
父親は軽い脳梗塞を患い要介護だった。
続いて原発事故の被害者となった。
私は回復期の半分を無駄に過ごした。

それでも自主リハビリを開始した。
ガレージに椅子を置き
ダンベルやゴムチューブ、自作の滑車を使った。
平行棒もレンタルした。
両親宅の縁側も板が剥がれるほど利用した。

ガレージで転倒して左大腿骨頚部骨折で入院。
幸い人工股関節は逃れたがチタンのピンが2本入っている。

退院してから就労支援に通所したが
歩く機会が無いのと横になって休む場所が無い為か
歩行困難になった。
入所している方達より動けない身体だと知った。
就労支援はやめた。

骨密度を測ったら運動不足のため酷い状態だった。
それからは筋トレ重視の自主リハビリと
歩行練習に明け暮れた。

それでも去年の冬は
みっともない姿勢でぴっぴを散歩させていた。

去年の自主リハビリは丁度夏場だったのが幸いしたのだろう。
ぴっぴと1.4kmの散歩が出来るまでになった。
1人でも1km位は歩けるようになった。
一昨年も去年も自主リハビリで
左足首から先は腫れあがり靴が入らなくなった。


今年10月の半ば頃から
気温と低気圧が原因で左脛骨に痛みが出て来た。
股関節は始めから痛いままだ。
それでも暖かい日は700m以上歩けた。

今年の1月4日過ぎから股関節の痛みが増し
麻痺も酷くなり発語障害になってしまった。
寒さだけが原因だろうか?

今日も読んで頂き有り難うございます。
       押してね m(__)m

        にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ


始めから、歩くことしか目指せない身体だ。
それでも去年以上に歩きたい。
そして発語障害を治したい。
今年はガレージを使えない。
私はどうすれば良いのか分からない。

私は右手で箸を使い字も書いていた。
元々左利きだったらしく両手が同じように使えた。
右麻痺だったら左手で箸を使っていた。
利き手が麻痺した方よりは苦労は少ないが
左足のケガ、とりわけ股関節骨折がマイナス要因だ。

冬場は毎年この繰り返しになるのだろうか?


指1本で記事を書くとどうしても文章がおかしくなります。
考えながら書けないのです。
勘違いしたまま書いたり
思いついたままのメモ書きみたいになってしまいます。

ショートステイ最悪。
ベッドで寝たきり。
かえって調子が悪くなった。
便秘になったので帰宅早々下剤を飲んだ。
飲み込んだ途端に便意をもようした。
明朝が怖い。

4月上旬も3日間のショートステイだそうな。
限度額オーバーにつき実費になる。
今度は東京の古い友人と遊びに行くそうな。
そこまでして遊びに行きたいのか。
私が健康な時は何処にも行けなかったのに。
ぴっぴの散歩はどうなるのだ。
たまには自分以外の者の世話をしろ。

家に戻る前のメールは
「11月下旬に戻ります」「面倒見ます」だ。
帰ってからの台詞は
「何も面倒見ない」
「私は勝手に生きていく」だ。
嘘には驚かないが一瞬でも期待した私がバカだった。
面倒見るも見ないも決めるのは鬼嫁の権利。
私が口を出すことではない。
どう転ぼうと文句は言えない。(言いたいけど)

鬼嫁も私を抱えて困っているのだろう。
何故、前向きな話し合いが出来ないのだ。
そういう人だとしか言いようが無い。

このまま私が寝たきりになったら安い施設行きだろう。
認知症になればまだ救われる。
考える力が残っていたら死にたいだろう。
苦しまずに死ぬ方法なんて在りはしない。

出来ることが減ってきた。
暖かいと出来る事もある。
この際だから何も出来ずにベッドに転がっていた時点に戻ろう。
何も出来ずにマグロのように転がっていた時点に戻ろう。
そこから改めて出来る事を数えよう。

再出発しよう。
視点を変えよう。

それでも去年の夏から秋にかけて出来たレベルからが本当の再出発だと思ってしまう。
それだけのリハビリと筋トレをしたと自負している。
だから今がみじめなのだ。

歩くことからがスタートなのだ。
そのためには歩けるようにならなければならない。

去年のような自主リハビリは出来ない。
出来ない理由をあげつらっても意味は無い。
どうすれば出来るか考えているが答えが出ない。

去年のリハビリスペースはもう無いのだ。
そう、スペースは無い。
だから去年に変わる方法を探している。
それを訪問者に教えてもらいたいのです。


今日も読んで頂きまして有り難うございます。
       押してね m(__)m
        にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ

「追記」
訪問リハビリに期待はしていない。
明日は通所リハビリだけど入浴してベッドで寝てるんだろうな。

私が鬼嫁なら介護します。
ぴっぴの面倒も見ます。
こんな虚実入り混じった家庭にはしません。
アスペルガーの入ったADHDだからかも知れませんが
私は必ず鬼嫁を介護します。

今日は通所先で見守って貰いながらも
左腕を振りながら70〜80m散歩しました。
1月上旬に700m歩いて以来の散歩です。
歩幅は50cm足らず足も上がりませんでしたが
それらしく歩けました。
きっと気温が高く日差しも射して無風状態、
気圧も安定していたのでしょう。
階段は股関節痛みますので杖を突いても駄目でしたが
去年も似たようなものでした。
左脚の筋力が弱っていました。
さすがに疲れましたが
暖かくなれば再び歩けるのかも知れません。
最近は気が滅入っていましたが
きっと再び歩けるだろうと希望が湧いてきました。
心が軽くなりました。

それにしても今年の冬の麻痺、
肩と股関節痛みは何だったのでしょう。
今週いっぱいは暖かそうです。
例え50mでもコンスタントに歩けると良いなと願っています。

ぴっぴの冬用犬舎を元に戻さねばなりません。
今の私では最低でも2日かかるでしょう。
私1人では出来ないので鬼嫁の機嫌の良い日に行う予定です。
私は指示するだけです。
鬼嫁のご機嫌を損なわないようにしなければ。


今日も読んで頂きまして有り難うございます。
       押してね m(__)m

        にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ

「追記」
家に戻ったら鬼嫁が居ない。
初めての事です。
用事でも出来たか買い物だろうか。

明るい声で「お帰り」と言いたいが
まだ声がうまく出ません。
2月中旬ころから僅かずつ良くはなっています。

19時を過ぎたら麻痺が増大してきた。
やはり気温が原因なのだろう。

午前中は歩けなかった。
鬼嫁の運転で病院へ。
歩けないから病院では車椅子。
医師の意見書(訪問リハビリ)と処方箋をを貰う。
入院患者御用達の床屋があったので行ってみたら本日定休日。
午後の陽ざしの中でも15mが限界。
陽射しの中で滑車をしたが腕が伸びない。
ぴっぴが遊びたがったが遊んであげられない。
タバコ吸ってお終い。
ドッグフードを足しただけ。

医師は鬼嫁に感謝しろと言う。
マズイ飯と通院以外に感謝することなど無い。
リハビリもさせられず介護用品も使用禁止だったのだ。
たまに優しい事を言うが言ったそばから反対の事を言う。
言う事なす事ズレテいる。
書いていて恥ずかしい。

今日はもう部屋にこもろう。
リハビリをする気力もうせて来た。

こんな毎日じゃ何も回復しない。

せめて散歩の介助をして欲しい。
断られたが。

詰まらない記録になってきた。
それでも私の記録を残す。


今日も読んで頂きまして有り難うございます。
       押してね m(__)m

        にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ


通所リハビリ。
昼食後ベッドで1時間熟睡。
リハビリは準備運動だけで終了。

朝は寒くて股関節と肩が痛んだ。
通所先の便りに「春は辛い」とあった。

去年の記事を探したが原発事故の事ばかり。
自主リハビリやぴっぴの散歩は書いてない。
虐待を受けたことだけが書いてあった。
筋力が弱っていると書いてあった。


家に戻り60〜70m歩行練習。(限界)
近所の人が井戸端会議をしていた。
「あれ、ぴーちゃんは?」
「とても散歩なんか出来ませんよ」
「前はもっと歩けたのにね」


やっぱり去年のほうがちゃんと歩いていたのだろう。
バランス良く、脚も上がっていたのだろう。

これからどんなリハビリをすれば良いのだ?
全く分らない。
誰か教えて欲しい。

寒さで左半身が震える。
左手がかじかむ。


今日も読んで頂きまして有り難うございます。
       押してね m(__)m

        にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ

「追記」
去年は7月初めまでぴっぴの散歩は50mでした。
今年はどうなっちゃうんだろう。
どうすれば歩けるようになるのだろう。
どんなリハビリをすれば良いのだろう。
鬼嫁が出て行きヘルパーさんに入ってもらっていた頃だ。
当時から鬼嫁は何もしてくれなかった。

杖をついて20〜30m歩行するのが限界。
80%は股関節が原因かも。
それにしても4分間の入浴だけで疲れた。
衣服を脱いだり着たりで1時間がかかる。
ああ、足の爪切ってもらいたい。
ちなみに介助は2月か3月に入浴した1回だけ。
爪はいつも通所先で切ってもらっている。
そう、何も介助されてない。
テーブルに飯が載っているだけ。
訳の分らん怒鳴り合いはあっても前向きな会話は無い。
病院でも脳梗塞の患者を見たことも無いだろう。
出来ないとやる気が無いは違うのだ。
大変だと言うが私の気持ちの方が大変だ。
このまま捨てられるのだろうか。

居ないよりは居た方が良い。
私がご機嫌をとるのか。
飯が在るだけ感謝せねばならないのか。
「面倒見ない」「出ていけ」と言われているのだ。
あいつにそんな知恵は無い。
誰かが鬼嫁の一方的な話を信じて入れ字絵しているに決まってる。

家の中でも一番離れた部屋に居る。
何か会っても私の声では聞こえない。
家の中でも携帯を手放せない。

私が束縛すると言う。
両親の家に行くとかぴっぴの散歩に行くと言うのが束縛になるのか。
買い物に行って来ると伝えるのが束縛になるのか。
昔から一切伝えない。
伝えないほうがおかしいと思うのだけれど。

銀婚式までが花だった。
後はろくなことが無い。
第一に原因は金。
これは会社が悪い。
続いて私の怪我や病気で無収入。

そして東日本大震災。
私だけが正真正銘の罹災者。
この差は大きい。

子供たちとの一方的な連絡。
訳分な連絡。

そして暴力と言う名の虐待。

独身なら両親さえいなければ一人で施設入居したろう。

私は両親の面倒も自分の事も出来ない。

こんな私が結婚して子供をもうけただけ幸せなのか。
こんな両親を見て育った子供達も不幸だろう。
そして、いつの間にか私が総て悪い事にされている。
既に身内には味方も話を聞いてくれる人もいない。

今年(昨日)も最低の誕生日だったのだ。

16時半からエアサイクル、レベル5で10分間。
疲れて1時間爆睡。

みなさん達のブログに具体的な記事が増えた。
軽い方や重い方といった印象が変わった。
私との比格の問題だから仕方がない。
普段の記事では分らなかった。

皆さん似たようなリハビリをしている。
歩く事を第1にしている。
腕のリハビリも私と似ている。

私は歩く事が困難になった。
暖かさと共に股関節骨折の痛みは薄らいできた。
脚の麻痺が目立つようになった。
足首から下の筋力が無くなった。
どうすれば良いのか分らない。

両腕の力も見事に落ちた。

とにかく去年の初冬より歩けない。
1人で歩行訓練など怖くて出来ない。
鬼嫁は付き添ってくれない。
ぴっぴの散歩など冗談ではない。
せめて昨年11月の半分に戻りたい。
戻したい。

部屋に籠っていたのでは心理的にも宜しくない。
リハビリをする気分にならない。
せめてぴっぴと日向ぼっこをしながらリハビリしたい。

なぜか今日は声が出ない。


今日も読んで頂きまして有り難うございます。
       押してね m(__)m
        
       にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ

長嶋茂雄のリハビリをyutubeで見た。
去年までの私を見るようだ。
あのモチベーションは何処に行ってしまった。
オシムのyutubeも見た。
家族の大事さを説いていた。
私の家族はどうなってしまったのだ。

私自身が記憶をたどるために、リハビリのヒントをつかむために初期の記録をまとめてみました。
初期の記録はあまり定かではないが私が順調に回復していたことは確かだ。
退院を待ちかねていた。
最後の最後で歯車が狂った。
主な記事を再現してみよう。
この頃の記事は前向きだ。
今みたいに暗い記事は殆どない。

いかにも普通にリハビリしているようだが事実は違う。
やっと行っていた。
リハビリしているか寝ているかのどちらかの生活。
TVは見たことが無い。
漫画の単行本を読む以外はブログを書いていた。
リハビリ以外は休憩時間。
信じてもらえないかも知れないが、回復目指して必死で戦っていた記録だ。


今日も読んで頂きまして有り難うございます。
       押してね m(__)m

        にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ

長文です。

2010年12月4日 入院
1週間ほど前から上手く歩けないので父親の杖を借りてぴっぴの散歩。
若しかして脳梗塞かと思い、散髪を済ませ髪を染め12月4日朝に病院に行こうとしたら立てなくなってしまった。
救急車御用達。
入院3日目か4日目に左半身完麻痺となる。
毎日2時間以上のリハビリをこなす。
2011年1月6日にリハビリ内科に転院。
回復期のリハビリ開始。


2011年01月06日03:15
転院
今日(既に昨日)は骨折で入院していた病院に転院。


1月7日
11:00〜11:40
歩行チェックでした。
6分で365(笑)メートルのような気が?
正しい歩行は数歩で破綻。
膝のブレは減っている。
足先の方向のブレも3日に比して30%以下に軽減。


2011/01/08
1300〜1330 入浴
1530〜1600  作業療法。
左手でお箸が使えた?
o(^-^)oヤッタネ
先ほどの朝食時、茹でた大豆ほどの大きさ・柔らかさなら口元まで運べた。
1630〜1700  言語訓練。
風呂、疲れた。
疲れ過ぎ。
湯船はとってもアイ・フィール・ソー・グッド。

あろうことか夕飯直前に部屋まで来て楽しそうに仰いました。
「明日、お休みだからナンタラカンタラ」
「両手でやってみるといいんですよ」
何のことはない。
自主トレと言う名のイジメじゃないか (T_T)

両手でやったらナルホドナ。
ゴムチユーブで抵抗を与えたら更に良いではないか。
各一度ずつでギブアップ。
残念ながら内容を覚えていません。

意識することなく、まっすぐに立っている自分が居た。
左足の筋力、中でも股関節と膝の筋力回復が要因だろう。
リハビリ責任者デさえ諦めていたのだ。

急性期病院での特別メニュー。
リアル、ネットを問わない心遣い。
そしてお仲間の励まし。不死身伝説(おバカ伝説?)延長してやる。って、これで何回目なんだか。苦笑、それとも、恥?


1月11日

9:40-10:00
PT
疲労蓄積のため本日は軽めに流す。
低反発ラバー上歩行。左足首左右の筋肉回復のため。
14:00-15:00
ST
ワイスサード。積み木(立方体)、単純計算。予想通りの結果。
明日は原稿コピー受け取り。まあ、マシなほうらしい。うの口の形が違う。
頬や唇のマッサージをすると左肩甲骨下部から後ろ三枚辺りまでザワザワ(?)感を感じる。

15:00-15:40
PT
ラバー。スクーター。共に筋力アップ。
階段昇降完全クリア。



1月12日(水)
9:30-10:00  PT
ラバーに乗って足首・膝下・膝上強化。
膝上ワンセット10から20へ  (-"-;)



1月13日(木)
疲れ切って上手く歩けない。
足を運べない。
眠い!
0930-1015  PT ラバーにてバランス、スクワット基本&変形。

1330-1440  ST



1月18(月)
930 PT ラバーを使って筋トレ。
1400  OT 電流責め。(笑)
1500 ST



1月19日(水)
9300 PT
ラバー使用。
サイクルマシーンは左脚の引き上げ追いつかず。
脚力アップはスクーター(リカベント)しかないのか。
左脚のスピードアップはルームランナーを試みるしかない。
1300  PT

1400  ST 真面目な1時間。
1530 1630  OT
昨日より電流強め。
半分は自習。
1700 1715  OT また電流。
肩が痛いのも、手が安定しないのもコントロールは勿論、力不足が大きい。
コントロールで2カ月近く。
力はそれ以降。絶対に痛いことはしないこと。
3ヶ月でできなきゃ諦めらしい。
自分でもそう思う。


1月23日(日)
お疲れさんなのです 
昨晩は23時頃に爆睡。
漫画を見たり携帯に触れる気力無し。
リハビリの疲れが累積している。
両太腿部の大腿四頭筋・内転筋・大腿二頭筋の疲れが顕著。
左三角筋の痛みは、以前の病院でのベッドの配置が原因だったのだが、更にリハビリの影響も出てきた。

筋肉と骨格の結合部は筋力の衰えにより腕の重みに堪えられない。それが筋肉の痛みだと認識出来るようになった。
厳しめに計画されているというリハビリの疲れも痛みの回復を遅らせている。
ついでに左二頭筋と左僧坊筋、更に両脇腹も筋肉疲労で痛い。
毎日リハビリしながら筋力アップを図るには適度な量だと思う。
毎日続けても壊れない限界値の80-90%の設定だと感じる。
朝は体が動かない。
夜はもちろん動けない。
朝食後、つま先の上がりをスピードアップさせるため、ホールで漫画など見ながら、足の筋トレを少々。
昼食後、始めて左半分の髪の毛を左手でとかせた。

やったね。
左側だけの筋肉を動かせた。
お顔です。
残るは唇の一部分だけ。

1月24日(月) 1
940 1010
両脚の筋トレ。やっとレベル4(?)で15分間まで到達。
続いてルームランナー。
2.3キロ/h。5秒と持たず。
お疲れさんですので、このスピードが限界でございます。
休む間もなく、とか言いながらベッドに5分間ゴロリンパ。

1030 1130
5分遅刻なり。
作業療法
ついてに自主トレという名のお土産くれた。
自主トレ増やされた
1300 1400 入浴
珍しく3人同時に入浴。
介助役3名中、なぜか1名だけ若い看護婦が (≧∇≦)
いいなー。羨ましいなー。
でも見たことあるぞ (-.-;)
私の後ろに立たないでおくれ。
「あら、ぷうすけさん」 (^_^)ニコニコ
こらっ、名前で呼ぶんじゃない!
かわいい顔して、そんなに男の裸が見たいのかいっ!
こん中じゃ私が一番若いけどさ (・◇・)



1月28日(金)
0615 起床
0630 洗顔
0650 ストレッチ
745-0815 朝食
0815 コンサータ
0940 1010 足
左足の筋肉伸ばし。
左手のひらの筋肉伸ばし。
1030-1130 作業訓練
テスト。
この先、時間短縮は殆ど望めない。
本日よりパソコンを借りて打鍵。
小指、薬指全く役立たず。
自前のノートパソコンかキーボード持ってくるっきゃなし。
1145-1230 昼食。コンサータ。
1400-1440 言語訓練
明日はお休み。
1500-1530 足
サポーターの如き、靴下の効果は如何に?
24時間着用試験。
吉と出るか凶と出るか?
1745-1820 夕食
2000 面会終了
2100 消灯


1月31日(月)
1030-1130 作業訓練
1300 1400 風呂
1400-1440 言語訓練

2月1日(火)
1030
作業訓練
1330
言語訓練
1430
足。


2月2日(水)
1300 足
1400-1440 言語訓練
本日外出のためリハビリキャンセル。
足は疲れ果て翌々日までフラフラ、ガクガク。
言語訓練の自主トレをしなかったら、翌日の朝から舌が左に寄っていた。2-3ヶ月は練習を欠かせない。


2月3日(木)

0940 1010 足
1000-1100 作業訓練
1300 入浴
1500-1540 言語訓練



この後は「ランランリハビリ」カテゴリーに書いてある。
そして2011年3月11日の東日本大震災で病院の機能ストップ。
全員が避難所へ。
一部の残った病室は移動させられない患者が使用。
殆どの患者が退院を余儀なくされた。
無事家に戻った私はインフラ壊滅の中で余震対策と片付けにいそしんだ。
病院が診察やリハビリをしていることなど知らなかった。
続いて東京電力の原発事故。
記事では前向きに書いていたが当時の左手は80gの重量しか持てなかった。
靴下さえ干せない身体だった。
そんな身体で小便垂れ流しながら朝から晩まで余震対策をしていた。
私は病院が壊れたが我が家と両新宅は無事だった。
室内は滅茶苦茶だったけれど。
私と家族の間には余震に備える感覚に大きなずれが在った。
私1人が大騒ぎしていたのだろう。
それが未だに尾を引いている。
片や人が亡くなり片や家屋は無事。
受けたショックが違い過ぎた。


最後まで読んで頂きまして有り難うございます。
       押してね m(__)m

        にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ

いずれはは2度の骨折にも触れるかも知れませんが「ランラン・リハビリ」読めば大体記憶がよみがえる。

通所リハビリで久しぶりに1通りのリハビリをした。
今年初かも?
歩行訓練も30mくらい行った。
相変わらず左足が上がらない。
左ひざを曲げる癖がついちゃってる。
鬼嫁の介助で歩行訓練を毎日30分くらい行いたいと言ってみた。
可能性は如何に?
鬼嫁の気分次第なり。
とってもマズイことに鬼嫁の再就職が怪しくなってきた。
どうなる事やら歩行訓練…。

余りに脚力が弱っているので平行棒につかまりジャンプの真似ごとをした。
2cmもジャンプ出来ない。
去年の夏は不格好ながらラジオ体操をしていたのに。
股関節骨折したから両足を左右に広げて深い脚の屈伸以外は出来たのだ。
腕力どころか相当脚力が弱っている。
筋トレやらなきゃどうしようも無い。
体幹も相当左に曲がってしまった。
直立していると不安定。
右足荷重に戻ってしまった。
コントロールは限界に近づいたと思うが筋トレは1からやり直さなきゃ。
何処で何をすれば良いのだろう。
スペースも何をすれば良いかも考え付かない。
ジャンプをしていたら股関節の下の部分が痛み出した。
丁度チタンのピンが2本入っている下部だ。
今日は曇天ながらも17℃。
鬼嫁と50mだけでも歩いてみたかったが大事を取って中止しよう。
明日からまた冷える。予想は8℃。
通所行ってもベッドで寝てるだけかも。

普段使っているベッドのマットの上部半分がヘタッたのでコタツの天板を載せて薄い敷布団を敷いた。
少々硬いが今夜はこれで寝る。
電動ベッドとして機能しなくなるが仕方が無い。
毎朝腰が痛くてたまらないのだ。
起き上がる時に腰椎がポキポキと鳴る。
マットがヘタッていると起き上がる時に腕を着けない、起き上がれない。
吉と出るか凶と出るか試してみねば分らない。

不機嫌な鬼嫁に頼んで約30m強の歩行練習。。
只、斜め後ろを歩くだけでいざという時に備えていない。
姿勢のチェックもしてなきゃ躓いても支えられない。
鬼嫁が付いていていながら転倒して救急車の可能性まであるのだ。
本当に肝心な事は役立たずな鬼嫁だと思う。
1人で歩くよりは心強いがそれ以上の価値は無さそうだ。
それでも先に書いたような体幹のゆがみや荷重などのチェックは出来た。

股関節の痛みが気になるから今日も自転車はやらない。

最近ストレッチをしていない。
とりわけ前屈をしていない。
股関節のストレッチもしていない。
座椅子を使わず床に腰を降ろしたい。
左脚に靴下を履くのが辛くなった。
どんなストレッチをすれば良いのだ?


今日も読んで頂きまして有り難うございます。
       押してね m(__)m
        にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ

相変わらず声が出ない。

今日も思いつくままに書きました。

再認定は却下、要支援2のまま。
私より元気溌剌な両親が要介護で私が要支援かい。
納得できない。
でも、どうでもいいやと投げやり気分。


昨日の通所リハビリは久しぶりにリハビリらしいリハビリ。
入院中の10分の1にも満たない。
去年の自主リハビリの半分にも満たない。
それでも久しぶりにリハビリをした。
エアサイクルも10分以上やった。


今日の訪問リハビリは入浴の方法。
問題は洗い場に余計な物が増えたこと。
床が滑ること。
左手の可動範囲が減り力も無くなった。
1番の問題は股関節が痛み湯船から出れないこと。


訪問リハビリ終了時刻にケアマネが訪問。
間もなく退職するらしい。

そんなことより私と鬼嫁の夫婦関係が話題になった。
リハビリ担当者を交え1時間位続いた。
わたしのリハビリには夫婦関係が大きく関係していると言われるしまつ。
鬼嫁が苦労しているのは確かだが言動に問題が在り過ぎる。
本当に辛いのは家族の誰にも介助されない当事者だ。
リハビリするモチベーションが下がりっぱなした。
なにせ動機付けが出来ない。
私の食事の確保とぴっぴの散歩に必死だった頃が華だったのかもね。
自殺する根性は無いけれど自殺を考える人もいるんだろうな。


脳梗塞の麻痺は東日本大震災の時点での回復で止まったようなものだ。暖かい時期には薄皮をはぐようにちょっぴり回復したけど自主リハビリの成果だと思っている。

最近は股関節の痛みに参っている。
ピンで固定すると冬場に痛みが出るとか、つま先が麻痺するなどという情報を見つけた。ネットの情報なんて当たっているかどうか判断がつかない。
訪問リハビリの担当者に尋ねたら手術後に痛みが残る人は多いと言う。
と言うことは毎冬痛むと言うことなのか。
治らないのか。
脛の痛みは相当減った。
股関節の痛みも減っても良いじゃないか。

重い物を持てない、膝も上がらない。
そんなのは嫌だ。
解決策は無いのか?


今日も読んで頂きまして有り難うございます。
       押してね m(__)m
        にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ

鬼嫁の旅行は2泊3日ではなく3泊4日だった。
私はショートステイ。
ぴっぴの世話は母親に任せるつもりなのだろう。
少なくても2日間は散歩無し。
大便の排泄はどうするのだ。
ぴっぴは大便の排泄を我慢する犬なのだ。
オシッコなら仕方なしに犬舎の近くですることもあるがそれでも出来る限り我慢する。
身体を壊さねば良いけれど。
私もショートステイの準備をせねば。
衣服に名前を書いてくれないから洗濯して貰えない。
黒のスエットに名前など書きようが無い。
靴下も同じだ。
4日間、着たきり雀なのか。
あー、嫌だ。

昨晩はTVを見ながら座椅子で眠ってしまった。
精神的に疲れているのだろう。
6時に目覚めてトイレに行こうとしたが起き上がれない。
股関節が痛む。
腕に力が入らない。
なかなか立ちあがれない。
ファンヒーターは自動的に切れていた。
ジャージを穿いたままベッドに転がりこんで2度寝。
8時から目覚ましが鳴るが起きられない。
母親から朝の生存確認の電話が来なかった。
ぴっぴを真っ暗な犬舎から出したのは9時。
トースト2枚とゆで卵1個、そしてコーヒーで朝食。
今朝も下痢。
13時まで何もせず。
何かをする気分じゃないし眠い。

13時から表に出てぴっぴの相手。
門から出て散歩に行きたがるぴっぴを
いつもウンチをさせる場所に連れて行く。
「ぴいたんのウンチは何処かな―」
「ぴいたん、ワンツー・ワンツー」
なぜかウンチをしたので
「ぴいたんのお利口さん」と言ってオヤツをあげた。
リードを持ったまま10分ほど休憩後
50m弱をぴっぴと散歩。
もっと歩きたがるぴっぴに「ぴいたん、お家」。
諦めて従うぴっぴ。
20分ほど休憩してから100m程1人で歩いてみた。
左脚の蹴る力が弱っているのが身に染みる。

相変わらず歩幅がせまいままだ。
今日の気温は20℃。
暖かくなっても回復しない。
股関節が前後に回転していないことに気付いた。
意識的に回転させたら5センチほど改善したが去年には程遠い。
エアロバイクや足踏みでは回復しない。
冬場に頑張ろうにも道具が無い。
ルームランナーが無ければ鍛えられない。
そんなものを置く場所は無い。
何よりお金が無い。
蹴る力は足の脛とふくらはぎを鍛えるしかない。
そうすれば自然に力が付く。
残る問題は左肩。
右腕の力まで落ちているのだ。
回復法が見当たらない。

これからは行き倒れ覚悟で歩くしかないだろう。
気候さえ良ければ100mまでは歩ける自信が付いた。
400m歩けるようにするのが課題だ。
400m歩ければ徐々に距離を延ばしていける。
のんびりとならぴっぴの散歩も出来る。
ぴっぴの爪も伸びない。

ぴっぴを洗うどころかブラッシングもしていない。
まるで野良犬みたいに汚れたままだ。

私の未来は総て鬼嫁次第。
私の人生は終わってしまうのだろうか。
何時に帰るとの連絡も無い。
あれ、水道の音がする。
鬼嫁が帰ってきたようだ。
何を言われるかが怖い。
私の人生が決まる。
私は鬼嫁に掛ける言葉が見当たらない。


顔も洗った。
髭も剃った。
昼飯でも食べよう。

ケアマネに連絡しなければいけないんだっけ。
鬼嫁の台詞を聞いてからにしよう。


今日も読んで頂きまして有り難うございます。
       押してね m(__)m

        にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ

ただ今14時50分。
ケアマネの事業所に電話した。
ベルは鳴れども誰も出ない。
留守電に連絡を取りたいとだけ吹き込んだ。
小窓から犬舎を覗いたらぴっぴが居ない。
鬼嫁が散歩に連れて行ったらしい。
帰って来るのは15時頃だろう。
間もなくだな。
もしも、ぴっぴがウンチをしなかったら驚くだろうな。
どーれ昼飯を食べよう。
オカズは昨日のサバの味噌煮缶詰の残り。
考えただけで下痢しそうだ。
てか既に下痢だ。

15時10分。
結局少しだけのご飯をフリカケで食べた。
ぴっぴは未だ帰って来ないようだ。
確認して来よう。
朝飯と昼飯の食器も洗わねば。

ケアマネにはどのように伝える事になるのだろう。

「答えは決まったか?」なんて
恐ろしくて聞けやしない。
「ぴっぴ、ウンチした?」とでも話を振ろうか。
とにかく私の未来が掛かっているのだ。
只でさえ、在るのか無いのか分らない未来が。
今まで同様何もして貰えないならまだ救われる。
捨てられたら未来は無いのだ。
15時20分だ。
窓から犬舎覗いたら食器を洗おう。
物音がする。
帰って来たらしい。

新しいカテゴリーを作ろうと思ったが既存のカテゴリーが多過ぎる。
今書いているのはリハビリ日記と、あまり詳細には書けないが自分の置かれた立場くらいだ。
2度と書くことのない「過去のカテゴリー」を更に大きな「過去テゴリー」にまとめた。

これからは新しい「親カテゴリー」だけを使用する。
最近は遺書を書いているような気持で記事を書いている。
正直なところ私の再発のリスクは高いと思っている。
現時点から先が在るのか無いのか分らない。
死にたくは無いけれど全く予測がつかない。
余命宣告されるのも耐えられないだろうが、明日が在るかどうか分らないのも楽しくはない。

既に私にとって大事な記録はDVDに焼いてある。
1枚でも良かったが念のために3枚焼いた。
私自身の記録は無い。
総てが家族の記録だ。
仕事の記録など総て捨てた。

2011年3月11日を境に私の人生は大きく変貌した。
一時期はブログに依存して生きていた。
そんな事をしても人は離れていくだけと知りながら依存した。

今回も似たようなものと周囲は受け取るかも知れないがそうではない。
今の私の身体と心を書きとめようとしている
ここに書くのは私が生きた証だ。
人は死んでもブログは残る。
子供が見つけて読んでくれるかも知れない。
知人が読みなおしてくれるかも知れない。
それだけの気持ちで書くつもりだ。
いずれ考え方が変わるかも知れないが今はそんな気持ちだ。

間もなく訪問者数が12万人になろうとしている。
1つの節目として喜ぶべきだろうが私の場合はチョッと違う。
確かに始めの頃は励みになった。
途中からあまり気にならなくなった。
そして困ったことに10万人を超えた頃からろくでもない時期と重なるようになった。
今回も嫌な状況にいる。
ちっとも嬉しくないのだ。

ブログは使ったもの使っていないものを合わせれば沢山持っている。
然し、このブログが正式な3代目のブログだ。
初代のブログは抹消した。
2代目は管理ページに入れないが未だに訪問者が居る。
このブログには初代ブログの1部の記事が載っている。
2代目ブログにはリンクが貼ってある。
2代目ブログは子供にバレタから引っ越した。
恐らく知人も知っている。
このブログを書き続ければ子供達も知人も読む機会があれば理解できるだろう。
一般の読者には意味が分らなくてもだ。

私のブログは元々メンタルヘルスブログだ。
今は閑散としているがメンヘルブログにしては随分と賑やかだった。
いろんな方達と付き合ってきた。
みんな何処に行ってしまったのだろうか。
ブログをやめた者も多い。
亡くなった方も多い。
病死もいる。自殺者もいる。
立ち直った者もいる。措置入院もいるだろう。
リンク先をクリックしてみれば簡単に分る。


まさか、こんなブログになり下がるとは思いもしなかった。


新しい「親カテゴリー」は「未来の為に」。
そこに「子カテゴリー」を作る。
これからの記事は総て「未来の為に」に集約する。

在るのか無いのか分らない未来の為に記事を書く。



今日も読んで頂きまして有り難うございます。
       押してね m(__)m

        にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ

食事の用意はするらしい。
テーブルの上に置いておくらしい。
介助は一切されない。
勿論自主リハビリの手伝いなどあり得ない。
入浴は週2回の通所だけ。
洗濯はするとんこと。
一緒に食事をしない。
会話も無い。

精神的に参ってしまう。
やる気も出なけりゃ楽しくもない。

今までと同じ状態が続く。

最近睡眠時間が増えた。
何もしてないのに9時間くらい眠ってしまう。
気疲れしているのだろう。

良い事は何だろう。
食事(らしきもの)がある。
ぴっぴがいる。
他に何があるだろうか。

今日も暖かい。
なのに厚手のパイルソックスを履いている。
冬用のジャージを穿いている。
左手に手袋をしている。
そうでもしなきゃ身体が動かない。

先ほど鬼嫁が帰ってきた。
「お帰り」と言っても返事が無い。
「ぴっぴと100m散歩した」
「以前の病気がぶり返した。すぐに治さないと駄目だな」

「ぴっぴの散歩に行くの?」と尋ねても機嫌悪そうな返事が返って来る。
何と言っているのか聞きとれない。

8時に目覚め
9時から食事。
気付けば11時過ぎ。
13時過ぎからぴっぴと100m散歩した。
相変わらず「お家に帰るよ」。
全く逆らわないぴっぴだ。
両親宅の庭に放す。
私は庭を100m位歩いてみた。
つま先と踵の上げ下げの筋トレもした。
左肩の痛みが半端無い。
稼働域も減っている。
14時にぴっぴを犬舎にもどして昼食を取る。
オカズは鶏のから揚げ2個と長いもの千切り。
から揚げは冷凍品。
身体が疲れているのでベッドで休んでいたら鬼嫁が帰ってきたのです。


今日も読んで頂きまして有り難うございます。
       押してね m(__)m

        にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ

明日の13時半頃通所先でケアマネと面談します。
ケアマネの仕事範囲には制約がある。
行政の組織に属しているとはいえ民間人だ。
福祉課が動かなければ何も変わりやしない。
公僕が自ら動く事は無い。
何を教えてくれるわけでもない。
私の未来はどうなることやら。

13時過ぎからぴっぴの散歩を100m。
相変わらず「ぴい、お家に帰るよ」。
ぴっぴは全く逆らわない。
ぴっぴを両親宅の庭に放す。
私は庭を100m位歩く。
朝昼晩3回行うことにしている足首の筋トレを1回。(手抜き)
その後1人で100mの歩行訓練。

エアサイクルをしようかと思ったが疲れているので中止。
ぴっぴの犬舎に行ったらぴっぴが居ない。
まだ散歩中らしい。
両新宅を1周してチェックしてたらぴっぴが帰って来てた。
何となく100m歩けそうな気がして15時40分から歩行訓練。
途中でコース変更。
一か八かの400m。
左脚は上がらず。
体幹が左に曲がったり右に曲がったり。
小学2〜3年生の女の子に奇異な目で見られた。
腰、脇腹、右脚まで痛くなった。
所要時間30分。
それでもいいや。
まがりなりにも400m歩けたのだ。
去年だって30分近く掛っていた頃もあるのだ。
通常は20分で歩き、疲れ果てていたのだ。
とにかく400m歩けたのだ。
1つの階段をクリアしたのだ。
1人で400m歩けたということは、
ぴっぴとならもっと散歩出来るということだ。

問題は肩の可動域と痛みだ。
今日は滑車を行ったので何とか過ごせた。
両腕の筋力も問題だ。

本日のリハビリはこれにて終了。
下肢のストレッチは随分としていない。
エアサイクルも長いことしていないような気がする。


今日も読んで頂きまして有り難うございます。
       押してね m(__)m
        
       にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ

本日の最高気温14℃。陽射し有り。
明日明後日の最高気温は12℃。
陽が射しても寒いだろう。
戸外での歩行は無理かもしれないな。
歩けそうだと少しでも思ったら歩きます。

ショートステイ以来だから6日ぶりの入浴。
2度身体を洗って貰った。

今日は通所先に作業療法士が居た。
次回は医学療法士が来るかも知れないとのこと。
久しぶりに入院中にやったリハビリのさわりをやった。
それだけで疲れてしまった。

ケアマネは13時半から15時近くまで見学していた。
30分くらい話し合った。
鬼嫁の言動を思うと
今まで何のために自主リハビリを頑張ったのかと泣けてくる。
作業療法士の提案も鬼嫁に総て拒否される事ばかりだった。

作業療法士が私のリハビリメニューを作ってくれる事になった。

それを元に自主リハビリの内容も変えよう。
以前鍛えた筋肉が強張っていると言う。
右半身はさほど問題ないのだが左半身、特に肩周りが酷いとのこと。
ストレッチは簡単なヨガのような方法を提案された。
これなら肩周りにも無理がかからない。
どちらかと言えば上半身中心のストレッチになるのかも知れない。
平行棒につかまり左足で床の上に置いたお手玉を蹴飛ばす。
足の振り出しの練習だ。

普通なら使用しないいろんな筋肉が無理をしているらしい。
骨盤の上下運動の無さも指摘された。
とにかく私の体はガチガチに固まっているらしい。
酷い肩こりにならないのは筋肉の質が良いかららしい。
昨日700m歩いたので左足の筋肉はガチガチに固まっていた。
沈痛・消炎剤を塗ってもこのざまだ。

来週の訪問リハビリを見学にケアマネが来るとのこと。
前もって電話をくれるそうだから忘れても大丈夫。

今日は疲れたので両親宅の庭を100mほど歩き廻って自主リハビリ終了。
ぴっぴを庭に放して遊ばせていた。

朝6時起床。
7時にベッドから這い出る。
朝食、歯磨き、ひげ剃り、洗顔、大便。
相変わらずの下痢。
これは薬のせいだと思っている。
新聞を人と売り読む。
未だ9時半。
2月は新聞を読まずとも10時になった。
気温の違いでこれだけ違うのだ。
時間が半分で済むのだ。

今日もまとまりの無い文章です。
指1本で打鍵しているから考えない。
思いついた事を書いていく。
仕方が無いのです。


今日も読んで頂きまして有り難うございます。
       押してね m(__)m

        にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ

6時トイレ。
今日は寒い。
2度寝。
8時起床。
身体が疲れている。
股関節も痛む。
動くのが億劫だ。
眠い。
朝食をとり洗顔を済ませたら11時過ぎ。
犬舎に行ったらぴっぴが居ない。
アルツハイマーの父親が縁側につないでいた。
庭に放したら駆け周り大便。
丁度鬼嫁が帰って来た。
今日は私の薬を貰って来る日だが、あの医師は遅刻常習犯。
時間通りに行っても待たされる可能性が高い。
説明したらいろいろ毒づかれた。
室内のファンヒーターが点いていた等々。
すぐ室内に戻るつもりだったし、室内が冷えていたら温めるのが大変なのだ。
設定温度だって私の身体が望むよりも低くしてある。
確かに灯油は高いが私が動けるために暖房は欠かせない。
何が大事か分っていない。
説明しても始まらない。
結局、行ってもらうために「お願いします」と言わされた。
命令口調で言わされた。
いつものことだ。
この程度で腹を立てていたら血圧が上がる。

その後ぴっぴを犬舎に戻したらドッグフードばくばく食べた。
私は足首の運動。
10分間ほど休憩して100mの歩行訓練。
疲れたので家に入り痛み止め・消炎剤を塗る。

今日は訪問リハビリ。
ただ今12時10分だからまだ1時間ある。
昼飯食べて大便でもしておこう。
今日は歩行訓練の予定だが歩けるかどうか疑問。
担当者もADLの向上をしたがるだろう。
歩けなければ、手足の筋力をアップしなければADLの向上も無いと思うのだが。
食べてトイレにいったら疲労回復の為に休憩していよう。

12時23分を過ぎてしまった。


訪問リハビリは先ほど歩いた100mの歩行練習。
療法士ではないから只の介助。
今日の記録を残して行ったが鬼嫁は絶対に確認しないので所定の引き出しにしまった。
先月分の請求書だけをテーブルの上に置いておく。
鬼嫁は金の確認しかしない。
担当者が提言したことを私が行っても拒否する。
担当者から直接行ってもらう事にしたが訪問リハビリに立ち会わないから不可能なり。
殆どは私が昔頼んで拒否された事ばかりだ。
何度頼んでも拒否され続けた事ばかりだ。
鬼嫁には世間の常識が通用しないのだ。
人として当たり前の事が通用しないのだ。
これ以上私の何を変えろと言うのだ。
今日は寒くて声が出ない。
明日も同じく最高気温は15℃。
明後日から再度暖かくなる。
明後日20℃、それ以降も17℃以上だったと思う。


今日も読んで頂きまして有り難うございます。
       押してね m(__)m
        
       にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ

鬼嫁はホットマンでポカポカの両親宅で遊んでいる。
私は表でぴっぴの相手。
糞もさせた。
食事もさせた。
もう16時を過ぎたというのに鬼嫁はぴっぴの散歩に行かないのだろうか。
今日のぴっぴの散歩は無しなのか。
こんなことなら100mだけでも散歩させてあげたかった。
行き倒れ覚悟でね。

えーと、私は自己愛性人格障害ではありません。
などと書いてみる。
元々「大人の発達障害」がテーマでしたので、
たまにはこんな言葉を使いたくなるのです。
昔書いた「発達障害」と「リタリン絡み」の記事が
検索から読まれています。
他にも「人身事故隠し」も検索から読まれています。

脳梗塞の記事だけが「にほんブログ村」経由で読まれています。

2011年12月の記事を読んでみた。
昨年と変わらない内容だった。
「ただ痛くて歩けない」とだけ書いてあった。
股関節全体の痛みとして認識していたようだ。
階段昇降時の痛みは手術個所の筋肉の痛みだった。
今ほど痛く無かった事も確かだが
痛む部位の特定があまり出来ていなかったのかも知れない。
ぴっぴの散歩は夕方。
入浴して身体を温めてから行っていた。
それでも歩行距離30mなどと書いてある。
調子のよい時は1.4Km歩いたらしいが
日によってまちまちだった。

秋も最高気温が23℃に下がると何もできなかったようだ。

前々回の冬も痛みはあったのだ。
リハビリも殆どしていない。
股関節の痛みがハッキリと認識できるようになったのだと思う。
他の痛みは大きくはなっていない。
もしかすると軽減している。

股関節の痛みは切り裂いた筋肉が弱っているのだろうか。
それだけではないと思うけれど…。

冬ごとに酷くなっているわけでもなさそうなことが確認できた。
部分的な痛みは増しているかも知れないけれど。

悪い部分、出来ない事、回復が元の戻ってしまった事等が
認識できるようになったのかも知れない。


今日も読んで頂きまして有り難うございます。
       押してね m(__)m

        にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ

少し気が楽になりました。

「あ」さんのコメント通りに推移している。

昨晩の睡眠時間10時間。
最近睡眠時間が増えて来た。
歩行訓練を始めた頃から増えたように思う。

コーヒーを飲んで洗顔を済ましたら12時過ぎ。
トイレを済ましたら13時近く。
鬼嫁は友達と遊びに行ってしまった。
夕方帰ると抜かしてた。

入浴して身体を温めようと思ったが
鬼嫁が風呂場を掃除したのか散らかっている。
入浴中止なり。

ぴっぴは陽のあたる場所を見つけ寝転んでいる。
庭に放してあげたいが疲れているので出来ない。
ぴっぴの側で滑車を行う。
気温が低いのだろう。
発声練習で声が出ない。

13時15分から400mの歩行訓練。
前回より早いと思ったが所要時間30分で変わらず。
歩幅は去年の3分の2.
左足の膝を伸ばして押すようにしたら歩幅が伸びた。
去年には及ばないが。
たちまち疲れ2〜3回立ち止まって休憩。
風も無く太陽も出ていたので寒くは無かった。
道路わきの施設の桜は総て散っていた。
今年は桜を見ていない。

14時過ぎたから昼食食べて薬を飲まねば。

鬼嫁が帰ってきた。


今日も読んで頂きまして有り難うございます。
       押してね m(__)m

        にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ

トイレで大便をしたら便器が真っ赤。
エアサイクルと晩酌の相乗効果か痔になったらしい。
まして血液さらさらの薬を飲んでいる。
出血しやすく止血しにくい。
それもあってエアサイクルを中止していた。
これからはエアサイクルどうしよう。

父がぴっぴを縁側に連れて行った。
水とドッグフード付き。
ばくばく食べていた。
散歩に連れて行って便をさせねばならない。
鬼嫁は「さっき行ったから行かない」という。
父親が庭でひっくり返っていた。
なかなか起き上がれない。
植木鉢を1つ壊した。
私は何も手を貸してあげられない。
ぴっぴの散歩も知らん。
鬼嫁が100mだけでも散歩させれば充分なのに。

もう16時を過ぎた。
毎日がこんな調子だ。

ぴっぴが散歩に行きたそうな声で鳴いている。

鬼嫁が400mコースを散歩させたとのこと。

それにしても左脚の膝から下が浮腫む。
つま先から足首上部までが酷い。
だぶだぶの靴下なのに跡が凄い。
去年はこんなものじゃなかった。
頑張って筋トレしていた。
左脚は靴が入らないまでに浮腫んだ。

今でも足首の運動をすればすぐに浮腫む。
20mも歩きまわれば浮腫む。
暖かくなったら再度筋トレせねば。
腕の筋トレはどうすれば良いのか分からない。

明日は20℃を超える。
髪の毛染めたいなー。

エアサイクル12〜13分間だけやりました。
中途半端な時間ですが
明日の排便時に出血するのが怖いので終了。
晩酌は中止しません。
禁煙してるのにお酒まで止めた人生なんて。
酒量を減らします。
エアサイクルよりも歩行練習のほうが疲れます。

2007年09月24日に始まったブログ。
約6年半くらいになる。
良く続いたものだと思う。
いろんな思い出が沢山ある。
でも書かない。
今はそんな状況じゃない。


それにしても短期間にブログが様変わりした。
こんなブログになるとは思わなかった。
情けないブログになってしまった。

キリ番て何となく通り過ぎたり、ろくな時期じゃなかったり…。
良い思い出がないのです。




今日も読んで頂きまして有り難うございます。
       押してね m(__)m

        にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ

これからもご指導のほど宜しくお願い致します。

朝食後軽いストレッチと足首の運動。

今日は20℃を超えるので風呂に挑戦。

髪の毛を染めてからシャワー。
何とかあっさりと身体も洗えた。
湯船に浸かる事3分強。

風呂から上がり昼食を食べ始めたのが14時頃。
風呂だけで疲れてしまった。
歩こうとすると左足首が安定しない。

ぴっぴを庭に放したが
あまりに暑いので犬舎に戻した。
私のいでたちは冬の格好。
ヒートテックまで着ている。
左手には手袋。
直射日光を避けるための帽子が大分前から見当たらない。
鬼嫁が何処かに片付けたのだろう。
父親から貰った大事な帽子。
父親の形見みたいなものだ。

疲れたし股関節も痛むので歩行練習中止。

今日は入浴だけで疲れました。
ぴっぴと400m散歩する夢は破れました。
1度ぴっぴと散歩出来れば自信になったのに残念です。


今日も読んで頂きまして有り難うございます。
       押してね m(__)m

        にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ

暖かいというよりも暑い日でした。

16時50分から15分間エアサイクル。
エアサイクルを20分間やるようになってからは
負荷を5にしていたが3〜5分間は負荷を7や8にしている。
今日も5分間は負荷8.。
最後にクールダウンを1分から1分半。
今日の総合時間は17分間でした。

22時20分過ぎ地震。
震度4。
立ちあがれなかった。
怖かった。

今日は通所リハビリ。
と言ってもデイサービスです。
通所リハビリを受けたら
居宅リハビリが受けられません。
ですから名目上はデイサービス。
そこの設備でちょっとリハビリをしています。

本日の最高気温18℃。
現在16時45分現在15℃。

6:00起床、トイレ。
2度寝。
7:00朝食。
8時頃から足首の運動。
その後ぴっぴの側に行くが散歩に連れて行く元気無し。
左脚は見事に浮腫み、疲労感もある。
8時50分から1人で100m歩行訓練。
9時10分、大便。
本日は下痢でした。
これは薬の副作用です。
こんな薬なんか飲みたくないので、
次回から処方をやめてもらおうかと思います。
多分拒否されるでしょうが。

10時10分通所先の送迎車に乗り込む。
ぴっぴに「番犬」と言っておやつをあげた。
ぴっぴはおやつに夢中。
車が走り出すと車を見つめていた。


今日も読んで頂きまして有り難うございます。
       押してね m(__)m

        にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ

今日は通所先の行事のお花見。
残っていたのは私を含めて10名程度。
風呂もすいていたので自分で洗ってみた。
左腕の力が無さ過ぎてギブアップ。

肩甲骨周りと背筋、肩をマッサージ。
ついでに腰もマッサージ。
左半身はガチガチだそうだ。
肩の痛みは総て筋肉のこう縮とのこと。
麻痺でこう縮しているのだ。
どうすれば良いのか未だに分からない。
揉み返しがあるかも知れないと言われた。
最終的に筋肉が温かみを感じたので効果はあるだろう。

家に戻り、15時35分からぴっぴの散歩。
疲れが残っていたので100mにしようと思ったが、400mコースに挑戦。
左脚の蹴りだしが様にならなかったが時々去年に近い歩幅で歩けた。
所要時間は25分。
ぴっぴと一緒の方が5分短縮。
ぴっぴと一緒だと安心感がある。

鬼嫁と散歩したばかりらしくウンチはしなかった。

やったね。
ぴっぴと400m散歩出来た。

午前中にも100m1人で歩行練習出来たし。
気温が上がるとはこういうことなのか。

今は久しぶりに両手でタイピングしている。
打てない文字はどうやっても打てないが、
右の中指1本より遥かに早い。
左手はいい加減でも右手はブラインドタッチ出来る。


「天気予報」の最高気温。
火:18℃。
水:24℃。
木:19℃。
ぴっぴとお花見に行きたいな。
地元の名所は全部満開だ。
ガレージから車を出せないから行けないな。
どうして私の車が1番奥なのだ。
鬼嫁の車を1番奥にした方が合理的だ。
そんな事も分らんらしい。

金:14℃。
土:14℃。
日:14℃。
少し冷えそうで嫌だな。

そろそろ凍結防止のコンセントを抜かなければならないが
私には出来ない。
鬼嫁も「やらない」と言っている。
家周りのことは鬼嫁がやらねばならないのだ。
他に出来る者は居ないのだから。

そろそろ気温が下がって来たようだ。
左手でタイピング出来ない。
16℃以下になるとダメな身体らしい。

私は働けない。
一応3級だが障害者年金を貰えない。
年金上の特典は全く無い。


私は不況の真っ盛りの30歳頃にここへ移り住んだ。
ハロワも通さずに職にありついた。
収入はそれまでの半分になった。
1番高いのが地方公務員の土地柄だ。
それでも民間としては悪い方じゃ無かった。
バカな経営陣のお陰で会社存続の危機。
給料カット、退職金も大幅に消えた。
労働基準監督署が呆れたくらいだ。

鬱と高血圧の大量発生。
脳溢血の労災も発生。

1人は私の目前で倒れ、その晩亡くなった。

気づいた時には同じ年代は殆ど残って居なかった。
私はもう耐えられないと会社を辞めた。
求人は派遣・パート・アルバイトの非正規社員ばかり。

子供達は同時期に県外に進学していた。
1人は高校から院まで県外に行かせたのに
自ら勝ち組のレールを捨てた。
子供を同時に県外に進学させる家は滅多に無い。
公務員でも滅多に居ない。
民間で2人同時は聞いたことが無い土地だ。
2人分の奨学資金は膨らむばかり。
残りわずかな家のローンも延長せざるを得なかった。。

それでも何とかなると考えていた。

そこに降ってわいたのが全治1年の骨折。
職を失った。
10ヶ月後に脳梗塞。
東日本大震災で退院。
回復期の半分を棒に振った。
回復期が終わった頃に股関節骨折。

入院と無収入が長期間続いた。
働けない身体との烙印を押された。
何とかなると考えた家のローンが返せない。


鬼嫁は現在求職活動中だ。
余りにふざけた会社に成り下がり退職金さえ出なかった。
私はハロワに掛け合い、
退職理由を自己都合から特定理由に変えさせた。
今は鬼嫁の失業給付金で暮らしている。


私は労基署への対応を失敗した。
然しハロワが鬼嫁の在職した会社を調査したと思っている。

そんなこんなで金銭的な余裕が無い。
そして私は稼げない。

普通なら主夫と呼ぶのだろう。
困ったことに私は家事が出来ない。
主夫業が出来ない。
金も稼げない。

総て鬼嫁におんぶしている。

3度の飯と洗濯だけがお似合いの
お荷物なのだ。



今日も読んで頂きまして有り難うございます。
       押してね m(__)m
        にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ


朝食は8時半から食べたのだが
散歩に出たのは12時5分。
軽いストレッチ・トイレ・洗顔・ひげ剃り、
そしてコーヒーだけでこんなに時間がかかる。
家に戻ったのは12時45分。
500m強が40分かかった。
思ったより5分ほど早かったのはぴっぴのお陰。

ぴっぴの行きたがる昔のコースに進んだが
途中の交差点で私の行きたい方角を
ぴっぴが頑として拒否する。
ぴっぴに力負けした。

いつもの400mコースに向かう。
100m強余計に歩いたがこれも挑戦のうち。
300m程進んだ辺りでダウンした。
携帯で鬼嫁を呼ぼうかと考えた。
ぴっぴがノンビリついて来るので
進める所まで進もうと気を取りなおす。
途中で遊びたがるぴっぴを
「お家に行くよ」と無理やり引っ張る。

400mコースの後半は弱い下りになる。
上体を左右に振りながら歩くと歩幅が広がる。
てか、そうしなきゃ歩けない。
膝が上がらない、つま先も上がらない。
それでも帰って来れたのは弱い下り坂だったから。


今日の500m強は大した自信にはならなかった。
今の自分の限界を知った。
それでも500m強を歩いたのは事実だ。
素直に喜ぼう。
次の目標はぴっぴの散歩の標準コース700mだ。

何時になる事やら見当もつかない。

ぴっぴはウンチをしなかった。
朝の散歩でウンチをしたらしい。
私は相変わらず下痢だ。
これで出血なんかしたらたまらない。

1年半前は便秘に悩まされた。
今は詰まらない薬のおかげで下痢になる。

朝晩2回服用だが夜の分を抜いてみようと思う。
精神を穏やかにする只の漢方薬だ。
老いも若きも関係無く内科でも出す漢方薬だ。
服用している方も多い。
あんな薬などなくても自然に眠れると思う。

足の疲れも取れて来たので
凍結防止のコンセント処理に挑戦してみようと思う。
絶対に出来ない個所もあるけれど。


今日も読んで頂きまして有り難うございます。
       押してね m(__)m

        にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ

「追記」
17時過ぎにぴっぴと桜を見て来た。
何ヶ月振りのマイカーだろう。
場所は我が家から5キロも離れていない。
ほんの4〜5本だけれど大きな桜の木だ。
満開を過ぎたばかりだった。
夕暮れ時で直射日光が当たらず
いろどり鮮やかとまではいかなかった。
それでもピンク色した綺麗な桜だった。
形ばかりのお花見はした。
お花見のアリバイ作りだ。
ベンチまでぴっぴと50m程歩いてみた。
股関節の頚部が痛むので早々に帰ってきた。
最近はピンを入れた場所よりも
固定した大腿骨頚部が痛む事が増えた。
先月ジャンプの真似ごとをしたせいか、それとも痛む場所やその時々の体勢ごとの痛みが判別できるようになったのかは分らない。
幾らくっついたとはいえ強度は弱い。
骨密度も悪くなっている。
2度とジャンプの真似ごとなどはやめよう。

凍結防止のコードは1本だけ出来なかった。
他にもやる事があったが
両親宅の物置に置いたハンマーが見つからない。
何かをしようとするといつも道具が無い。
両親宅の物置を整理しても誰かがメチャクチャにする。
一生ものの道具が随分と行方不明だ。
私が使える物くらいはちゃんとしておいて欲しい。
どうせ何かをするのは私なのだから。
私が出来なければ誰もする者は居ない。
幾ら言っても誰もやらない。



今日のリハビリは以上です。

鬼嫁とぴっぴが散歩に行った。
後を追ってみたが引き離されるばかり。
風が強い。
50m歩いて帰ってきた。
部屋の中でも風の音がする。
今日の歩行練習はこれで終了か。

昨夜は漢方薬を飲まなかった。
寝起きの調子が悪い。
気持ちが落ち着かない。
朝飲んだらヤッパリ下痢をした。
朝服用しないわけにはいかないし困ったもんだ。

鬼嫁は明日の早朝から働きに行く。
1円も稼げない私は何をしていれば良いのだ。
金を稼ぐ手段は総て消えた。

何を目標に生きれば良いのだ。
鬼嫁は何故頑張れるのだ。
どうして明るい顔を作れるのだ。
やっぱり文句を言うのはやめよう。
文句を言える立場ではないのだ。

股関節の痛みは引きそうにない。
ぴっぴと鬼嫁と一緒に散歩するのは無理なようだ。
それでも生きる目標が欲しい。
生きる楽しみが欲しい。
もう少しリハビリしてみようか。


今日も読んで頂きまして有り難うございます。
       押してね m(__)m

        にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ

「追記」
15時から入浴。
脳梗塞で入院していた頃に近い洗い方が出来た。
左腕が疲れた。(動いたのだ)

17時まで一休みしてから100mの歩行訓練。
ぴっぴを連れていく体力無し。
杖を持たずに歩いてきた。
50mが限界かと思ったが余ほど疲れてない限り
100m歩けそうに思えてきた。
今日は合計150m。
エアサイクルはやらない。
両方やった方が良いのかな。
ピンを入れた場所が痛むので今夜は不可能だ。

それにしても入浴は疲れる。
転倒しそうで怖い。
絶対に無理は出来ない。


この時間帯になると左指でタイピング出来ない。
まだ暖かいのに。

股関節は3ヶ所痛む。
場合によっては4ヶ所痛む。
夏場は痛みが引くのだろうか。
秋になったら車椅子で移動させられるのか。
再びの機械浴なのか。

夏場に筋肉をつければ良いのか。
どうすれば筋肉がつくのだ。
最近は脂肪ばかりが増えている。

明日からまた寒くなる。
予報最高気温は14℃。
股関節と肩が痛むな。
歩けない時はエアサイクルをしよう。

23:55.明日は通所日だった。
もう寝なくては間に合わない。

8時に目覚めトイレ。
すぐに朝食。
肌寒いせいか左肩が痛む。
左肩の可動範囲が2月並みに狭い。
股関節の痛みは歩ける程度。
大した痛みでは無い。
暖かい日なら9時に通所に出発する準備が終わる。
今日は10時まになっても終わらなかった。
昨日夜食にインスタントラーメンを食べたせいか
下痢にはならなかった。
10時頃2度目の大便がしたくなった。
どう考えても下痢だ。
我慢できそうに感じたのでそのままデイサービスに出発した。
ただ今17時10分。
今のところは無事です。

通所先で嫌な事があった。
OTが私には「マッサージは必要ない」と指示していた。
冗談じゃない。
肩のマッサージは必要だ。
必要が無いというなら解決策を提示しろ。
確かに人数の制約はある。
私よりも酷い状態の者も多い。
だが、元気印までマッサージを受けているではないか。
今日は人数の関係でマッサージが可能だった。

ついでに言われた。
「これは施設の資料です」
見せられないということだ。

「私の資料でしょ」
私自身の資料なら見る権利がある。
私が身を持って私の資料を提供しているのだ。
まして自主トレのメニューを作っておくと言われ、
そのメニューが資料の中に書かれていたのだ。

見て何が悪い。

主体は私であって施設ではない。
施設管理の都合を優先したいらしい。
「来なきゃ良いんでしょ」と口走ってしまった。

風呂に入るだけが目的なら通所などやめようかと思った。
夏場なら自分の家でシャワーや入浴が出来ると思っている。
身体も洗えるだろう。
日中1人で入浴するのは怖い。
転倒も怖いが地震が怖い。
然し、通所先の仕事効率化追求が目に付く。
福祉で効率追求を目指されたのではたまらない。
元気な年寄りだけを客にしていろと言いたくなる。

通所先のリハビリで負荷が1桁高かった。
施設の趣旨とは合わないから認められる事はないが
とても良い筋トレになった。
太ももが疲れた。
ぴっぴの散歩や歩行訓練は出来ないと覚悟した。


家に戻るとぴっぴと鬼嫁が居ない。
散歩に行ったらしい。
自信は無かったが歩行訓練に出発。
400mは諦めて200mコース。
更にぴっぴが帰って来るコースを200m程追加。
合計400mなり。
家に戻るがぴっぴが居ない。
再度200m追加なり。
これで「600m」だ。

500mあたりで疲れたが、1度立ち止まっただけで歩き終えた。
太ももの疲れは歩行にさほど影響しないらしい。

家に戻ったらぴっぴが居た。
もう少し歩けたようにも感じたが限界だったようだ。
椅子にへたり込んでしまった。

鬼嫁が友達と一緒に散歩させてきたそうな。
チョットしたタイミングでぴっぴの帰りに出会えなかったらしい。
鬼嫁の説明は相変わらず要領を得ない。

今日は杖を突かずに両腕を振り、
左足を出来るだけ後ろに残した状態で右足を前に出した。
右脚で押しながら左脚を振りだしてみた。
右脚の歩幅が大きくなると思ったら左脚の歩幅が伸びた。

太ももは疲れていたけれど、
膝が上がり足裏が今までより1センチ位
路面から上にあがったのだろう。
1度もつま先が路面に引っかからなかった。

杖を突かずに両手を振って600m歩けたのだ。
今春の新記録だ。

平地で左足をまっすぐ振りだせば股関節は痛まない。
左膝を曲げた状態で加重すると痛む。
階段や坂が辛い。
がに股で昇り降りするしかない。
普通の階段は1段毎に両脚を揃えねばならない。


手術で切り裂いた筋肉を鍛えてバルクアップしても
治らないように感じている。
大腿骨そのものと骨折ヶ所が
骨折前の丈夫さに戻ることは無い。
大きな負荷を掛ければ脆くなった骨が折れるかも知れない。
下手すりゃ壊死する可能性も残っている。


今日も読んで頂きまして有り難うございます。
       押してね m(__)m

        にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ

「追記」21:05
。何だか知らないけど眠い。
通所リハビリでの太ももの疲れが原因だろう。

明日は訪問リハビリ。
ケアマネも来る。

靴下の履き方でも習ったら契約切ろうかな。
PTやOTの知識が無さ過ぎる。
鬼嫁に何も提言しない。
私が言っても無意味なのだ。
貴方が提言しなければ鬼嫁は何もしない。

私は滅びゆく身を人として生きたい。
希望を持って生きたい。
思い出を残してあげたい。

4月19日(金)
訪問リハビリ。
ケアマネは来ず。
来週の勘違いだったかも。

訪問リハビリ前に200m歩行訓練。
訪問リハビリで200m歩行訓練。
合計400m。
担当が車で計測したら約300mだったと言う。
私が車で計測したら200m強だったのだ。
大本営発表ではないのだ。
大げさな数字を告げられても嬉しくなどない。
私には少し小さめな数字で良いのだ。
今までの数値がでたらめになってしまう。
誇張された数字など嫌いだ。

18日の通所リハビリで足の運動を60Kgで行ったせいか
疲れはあるが筋肉が張っている。
股関節の骨折部分の下部が
外に飛び出るような痛みが無かった。


担当者の指示を書いた記録を鬼嫁は読まない。
鬼嫁に直接指示しなければ何もしないと担当者に言ったが
相変わらず何も言わない。

何の役にも立たない担当者だ。
PTやOTも詳しくないので
「(鬼嫁が」契約を切るかも知れない」
と言っておいた。

もう少しPTやOTに詳しくなければ困る。
歩行チェックさえ出来ないのだ。


4月20日(土)

エアサイクルを負荷8で20分間だけ行った。
下半身のストレッチ以外は1通りやった。
鬼嫁は車を於いて何処かに遊びに行ってしまった。
私の車が出せない。
せっかく暖かいのに桜の見学にも行けない。
疲れているから、まあいいか。


4月21日(日)

本日の最高予想気温10℃。
未明から雪が降り積もる。

午後からは雨になる。
ぴっぴの側に行けないではないか。

朝食は9時から。
身体の疲れとやる気の無さでゴロゴロしていた。
昼食は17時。
夕食18時。
夕食後の薬は寝る前にでも飲もう。

エアサイクルは負荷8で10分間。
15時頃から玄関前の雪が溶けたのでぴっぴの側に行く。
歩いてみたら散歩させるどころか歩行訓練も不可能。
両新宅の敷地でウンチの練習の
「ワンツー・ワンツー」もさせられない。
ドッグフードが空になっていたので追加した。
1時間ほど側の椅子に腰かけていたら鬼嫁が帰って来た。
鬼嫁は今日から無事に就職したのだ。


今日も読んで頂きまして有り難うございます。
       押してね m(__)m

        にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ


「脳梗塞」カテゴリーでコンスタントに記事を書いている方は
20名位ではないかと思う。
その少ない記事から情報を得ようとしている。
皆さん、明け透けなことはあんまり書かない。
皆が困っているであろうことも書かない。
1部の方達だけが記事で教えてくれる。
私が基本的に困っている話題は少ない
症状は人それぞれとはいえ何故記事にしないのだろう。
他の方達の1部も困っていると思うのだけれど。。


ここで記事を書いている方達は確かに頑張っている。
リハビリ以外にもポジティブで行動的だ。
家族に恵まれているのだと思う。
たまには家族が
リハビリのお手伝いをしてくれるのではないだろうか。
1人で暮らしている者がいろんな行動をするのは不可能だろう。
多少は家族の介護を受けているのだと思う。

私は羨ましい。
私は家族の介助を全く受けていない。
爪さえ切って貰えない。
2年半の間に1度だけ入浴を手伝って貰った。
冬場に歩けなくなったので嫌味を言われながら、
病院の送迎をして貰い車椅子を押して貰った。
車椅子に触れたことも無いのだから下手くそな押し方だった。
送迎さえ断られた時もあった。
虐待も受けた。

昨日、訪問介護の担当者に尋ねてみた。
「みんな家族に介護されているの?」

「家庭の事情に依ってまちまちです」


比率は分からないが介護されてない者も居るってことか。
高齢者を除けばどうなのだろう。
私の年代だけなら非常に少ないような気がする。


両親は要介護。
本来なら私が介護せねばならない。

ヘルパーが毎日通っている。


ぴっぴの散歩をして貰っている。
ご飯を作って貰っている。
僅かな量の洗濯をして貰っている。
だが他にして貰わなければならないことが沢山ある。
半年後に生きていたら私は健康な生活が出来ない。

これが介護や介助になるのだろうか。

家周りの凍結防止のコンセントの処理は1つだけを除いて私が行った。
不自由な身体で不正地での作業は辛かった。

昨日、ぴっぴのブラッシングをした。
余りに汚いので効果がなかった。
そろそろ冬の毛が抜け始める頃だ。
ブラッシングが大変になる。
可愛いぴっぴ、きれいなぴっぴに戻すには
その後でシャンプーをしなきゃ無理だ。



介護や介助どころか口もきいて貰えない。
リハビリの手伝いをして貰えない。


天候が良ければぴっぴに会える。

ぴっぴに会えるだけで幸せなんだろうか。


今日も読んで頂きまして有り難うございます。
       押してね m(__)m

        にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ


↑このページのトップヘ

ケアプロスト