★ぷうすけアイランド★

− 在るのか無いのか分らない未来のために −

タグ:入院

         
          にほんブログ村
          押してね。 
22:30 寝ます。
お休みなさい。
22:50 ベッド到着。
従姉妹からの着信記録なはさがあった。
こんな夜中に迷惑だと思ったがショートメール送った。
2:30 覚醒。
良く見たらさ留守電に知りたかったことが老け込まれてた。
イイネ付いたけど解読出来たんだ。
すごいな。
3時 皆さん寝たようだ。
さっきはお嫁さんが掛け布団直してくれたので目が覚めた。
スマホ片目で見るから疲れる。
夕べからの咳き込みが又出た。
直ぐにおさまった。
コークハイ飲んだのが原因。
どうても良いレベル。
寝ます。
6:30 結局起きてました。
お嫁さんが起きたついでに
私を完全に目覚ざめさせてくれました。
騒がしくて元気な奴。
ハッキリ言えばウルサイ 。
メモしとこう _φ(・_・
6:50 起きます。
7時過ぎてしまった。
今日☀☃、-2・7℃。
明日☃☃☁、-3・-1℃。
土曜日☁、-8・1℃。
日曜日☁、-6・1℃。冬籠り確定の赤ランプ。
7:18 血圧:134/93/65 132/84/64
8:30 ぴっぴは散歩。
約20分間。
9:00 朝食
12:00 こんにちは♪( ´▽`)8:42 ぴっぴの朝ご飯。
#犬のいる暮らし
スロープ凍結。
飲水、バケツも凍結。
靴のスパイク無かったら怖くて歩けない。
スニーカー履かなきゃ歩行練習も散歩もムリ。
今日から大寒波、午後から☃。
積雪の可能性大。
今日から冬ごもり確定。
コロナの病床使用率50%超え。
デイケアどうしよう?
今日もよろしくお願いします。
今は青空午後から雪。
DSC08051.JPG アップ 8:53 青空 

小屋で寝てたのに私の足音聞いて出てきた。
#犬のいる暮らし
1・ミーアキャット。
2・おやつ頂戴。
3・ナデナデ。
DSC08045.JPG アップ 8:51  (1)
DSC08047.JPG アップ 8:561  おやつ頂戴 (1)
DSC08048.JPG 8:51  ナデナデ (1)

8:54 お嫁さんが顔出した。
#犬のいる暮らし
1・お座り。
2・大好きなササミ巻き貰った♫
3・お水を飲んだら。
4・お休みなさい。
DSC08052.JPG 8:54 お座り  (1)_LI
DSC08053.JPG アップ 8:54 大好きなササミ巻   (1)
DSC08057.JPG アップ 8:55 水』飲んで  (1)
DSC08058.JPG アップ 8:56 お休みなさい  (1)

12:15 ストレッチもしてないのに昼食。
完全にスケジュール狂ってる。
晴れてるうちにぴっぴと縁側に行けるかな。
夕食ちゃんと与えられるかな。
15時過ぎたら雪かきかな。
早く終わらせてのんびりしよう。
15時からは冬ごもり。
大雪でもないのに外に出れない。
寒さでマヒ足痛むし動かなくなる。
14:40〜 縁側・1
#犬のいる暮らし
1・寒いのかあまり庭で遊ばない。
2・日本海側の太陽みたいだ。
3・4・ミーアキャット。
DSC08060 (1) アップ 
DSC08061.JPG 14:41 冬の太陽 
DSC08066 (1)_LI
DSC08068 (1) アップ .15:04 JPG

14:40〜 縁側・2
#犬のいる暮らし
1・ぴっぴの横顔。
DSC08072.JPG アップ 15:07  (1)

15:05 ぴっぴが走った。
#犬のいる暮らし
お婆ちゃんぴっぴがいっぱい走った。
チョッと前まで晴れてたので散歩しようとしてた。
ストレッチしたけど気温が低くてマヒ足股関節が痛む。
とても歩けないのでぴっぴを庭に放した。
15:13 雨が降ってきたね。
#犬のいる暮らし
30分くらいで雪に変わるよ。
寒いからお家に入りなさい。
16:24 ぴっぴの夕食。
#犬のいる暮らし
雨が雪に変わった。
風が強くてマットが飛ばされてる。
16:29 夕食後。
#犬のいる暮らし
1・マットが風で飛ばされないように移動。
2・寒いからお家に入るわ。
DSC08076.JPG アップ 16:29 .かzが強いのでマットを移動 JPG
DSC08077.JPG 16:33 寒いからお家。  (1)


17:30 ブログ書いた。
寒くてマヒ足ガクガク、股関節痛。
歩けないのでぴっぴと縁側。
ぴっぴが走った。
寒気団強力過ぎ。
散歩も歩行練習もムリ。
明日のデイケアで何か出来るのか。
コロナの病床使用率50%超え。
いつ感染しても不思議じゃないが人に会いたい。
ステイホームと入院で11年。
飽きた。
18:00 風の音が凄い。
大雪防風警報でるかな。



  皆さんのクリックが私の生きる力になります。
          
          にほんブログ村
          押してね。 
今日 曇り1時雨、11℃-17℃。
明日 晴れ、10℃-18℃。
6:30 起床。
昨日迄暑かったので寒い。
さすがに長袖のフルジップ。
短パンなんか穿くわけない。
7:57 ぴっぴの朝食。
ぴっぴにはちょうど良い気温なのか?
ゆっくり散歩しても30分間が限界らしい。
11:00 こんにちは。
曇り1時雨、11℃-17℃。
6:30 起床。
昨日迄暑かったの凄く寒い。
長袖のフルジップ。
短パンなんか穿くわけない。
7:57 ぴっぴの朝食。
ゆっくり散歩しても30分間が限界らしい。
痩せたようなので心配だが年齢のせいかも🙄
よろしくお願いします😀
8:05 小屋に入ってしまった。
散歩に行きたくて玄関脇で待ってたのに。
小屋に入ってしまった。
ぴっぴには良い気温だと思ったけど寒いのかな❓
DSC06120.JPG ナデナデ 
DSC06122.JPG 寒いのかな 

8:30 レンジでチンしたら溢れてしまった。
水に浸しておいたが後始末が大変だな。
11:00 twitterのリスト整理。
気長にやるしかないな。
鍵付きにされて見れない方たちが増えてた。
12:00 寒い。
11:30〜45 ストレッチ。
ヒートテック着ないと無理っぽい。
Tシャツもダメ。
12:00 昼食にする。
ヒートテック極暖穿いた。
上はヒートテック2枚重ね。
シューズソックスも冬用。
靴下履くのメンドかった。
そして長袖のフルジップ。
これが1番モコモコしない組み合わせ。
14:15 何してる
14:29 無視された❗️
ムシばかりされました😢
ツンツン・ボールしよと思ったのに💢
14:24 走るのやめなさい❗️
あんまり走ると足痛めるぞ。
いつまで走る気だい❓
14:30 縁側。
DSC06134 (1) トリミング 、アップ 
DSC06125 (1) トリミング 

14:.38 ガレージ。
DSC06144.JPG アップ 

16:00 ぴっぴの夕食。
ぴっぴの所まで20秒。
ため息ついて独り言独.
ぴっぴは元気だね🤗
身体にリードが巻き付いてるよ😀
16:11 待てだよ。
寒いね。
おいで😀
16:15 ガレージ。
DSC06161.JPG アップ 
DSC06169 (1) トリミング、アップ。 

16:15 アムアムしないの❓
お話しようと思ったのに。
ぴぃはお婆ちゃん覚えてるよね。
コロナ騒ぎで1年後に来れるかな🙄
お爺ちゃんは覚えてないよね。
会えば分かるんだろうけど会えないからね。
パパはお爺ちゃんのお葬式の記憶が無いんだよ。
あの頃のこと何も覚えてないんだ、、、。
17:10 ブログ終了。
庭を昔と同じ15歩で歩けた。
それがいつ頃か覚えてない。
毎日リハビリしてたのことは覚えてる。
ブログにリハビリ内容書いてない。
2度目の入院前後の3年間の記憶が無い。
父親の葬儀に参列したのに覚えてない。
息子の結婚式は覚えてる。
今のPC与えられて3年経ったみたいだ。


      
            
      にほんブログ村
       押してね
「昔のぴっぴ」
8ヶ月くらい。
間もなく大型犬に後ろ脚を壊された。

813e65e9-s[1]

今日 晴れ時々曇り、−2℃-9℃。
明日 木森時々晴れ、−1℃-5℃。
8:00 起床。
9:00 お早うございます。
晴れ時々曇り、−2℃-9℃。
8:00 起床。
氷は張ってませんでした。
8:22 ぴいたん、ご飯だよ🤗
職人さんは朝が早い、スロープ脇の工事が始まっていました。
今日はデイケア休んでクリニックに行って来ます。
きょうもよろしくお願いします😃
10:30〜45 ストレッチ。
MPT、たった15秒。
10:45 服薬忘れてた。
薬の残数数えなきゃ。
ぴっぴの食器も洗わねば。
12:00 クリニックの予約時間。
14:20 帰宅。
2010年09月29日 「これからの経済状況」
「これからの経済状況」・・・分かる人に聞いてみた
http://blog.livedoor.jp/pusuke323/archives/51784971.html …
今も10年前も変わらないのか。
只今昔のことを調べています。
https://twitter.com/pippi901/status/1217742821454561281 …
#情勢升 のバカヤロ−‼️
15:43 ぴっぴの夕食。
ぴいたん、夕食だよ🤗
寒くなって来たね。
庭で走る時間有るかな🙄
パパは時間が足りなくて困ってるよ😒
#厚生労働省 と #ハローワーク のお蔭でいい迷惑だ🤬
#公僕 のクセにふざけてる‼️
昔の記録なんて全部捨てちゃったよ (-_-)/~~~ピシー!ピシー!
15:52 ぴっぴの爆走
庭に放した途端にぴっぴの爆走🚂
焦って撮影失敗😛
2周くらい走った辺りから撮ったけど間違えてカメラを止めちゃった😱
未だ走っていたので再び撮りました😰
2本の動画をつなぎ合わせました😟
ホントは5周以上走ったはずです🙄
15:45〜16:00 ガレージ。
DSC09175.JPG フラッシュ 

DSC09177 (1) 補正 

DSC09178.JPG フラッシュ 

DSC09179.JPG フラッシュ 

DSC09183.JPG  フラッシュ &補正 

DSC09184.JPG フラッシュ 

DSC09186 (1) 修正 

DSC09188 (1) 修正アップ。 

17:00 生後8か月頃のぴっぴの記事見っけ。
私は骨折して6か月、骨は離れたままで殆ど歩けなかった。
この記事書いたて間もなく話がの大型犬に足を壊された
肝心の離職時期が分からない。
疲れたorz
2010年05月08日
カテゴリ:ぴっぴ 「ぴーすけ」と呼ばないで
http://blog.livedoor.jp/pusuke323/archives/51732882.html …
2010年2月初旬に左脛骨螺旋骨折(2.2圓凌馥眦)で救急搬送。
2010年5月末に退院したらしい。
http://blog.livedoor.jp/pusuke323/archives/51743525.html#comments …
仕事を辞めた時期がどこにも書いてない。
2010年12月上旬脳梗塞で救急搬送。
6月か7月に退職して失業保険を給付されたと思うのだが、、、。
多分記事にして無いと思う。
18:00 2010年07月の記事見てる。
http://blog.livedoor.jp/pusuke323/archives/2010-07.html …
アルバイトでパソコン教えてたようだ。
ブログ記事は殆ど書いてない。
この時期に退職したり失業給付金の手続きしてた可能性が高い。
20:00 判明した‼️奥様が保管してたパンチ済みの通帳に記載されてた。
失業給付金支給開始日・金融機関名・口座番号全て判明🥰
    ヾ(≧▽≦)ノヤッタネ
記事にはしてなかった。
2月初旬救急搬送。
個室1週間+3ヶ月で退院だが6月30日は入院中。
2010年の6〜7月に離職したと推測してた。
20;45 ブログ終了。

深夜の12時過ぎにこたつに足を入れ座イスで眠ってしまった。
3時に目覚めた。
懸命にベッドに向かった。
何とか寝れた。
朝まで同じ姿勢で眠っていた。

目覚めても右手で目ざまし時計を手に取れない。
寝ている位置が悪かった。
転落防止の柵が邪魔になる位置で寝ていた。
左手で持つことが出来た。
時計を落っことす前に右手に持ち替えた。

8:50 目が覚めた。
じっとして寝ていたせいか座イスで眠った影響か腰が痛い。
そのまま起床。
鬼嫁はPの散歩中。

救急車に乗るとき考えてた。

またPとバイバイするのか。
Pに「バイバイ」と言ったら吠えるのやめて私を見てた。
ブログが止まる。
携帯の電池の場所など誰も知らない。
私はIDもパスワードも覚えていない。
入院したほうが自分と鬼嫁のためだ。

でも入院出来なかった。
精密検査受けたいな。

そろそろ日が射してきた。
晴れるのかな。
10時30分だ。

もうPの散歩は無理だ。
歩行練習も出来ない。
家でごろごろして居るしかない。

酒飲んで寝てたいな。
最初の骨折以来、夕食前にアルコール胃を飲んだことがない。
転倒いたら痛い目を見る。
地震も怖い。
入院中は酒など禁止だ。
隠れて夜中に飲んだけど。




12時過ぎに昼食食べた。
食器は1つ。
おかずも無いが洗うのが大変だから食器は1つ。

動かないしヒートテックやフリースだから汚れない。
長いこと着たきりスズメだ。
シャワーを浴びながら選択した。

13:45 シャワー終了。
洗濯も終わっていた。


浴槽につかることが出来た。
父に会いたくなった。
Pを父に合わせてあげたい。
施設から外には出してくれないだろう。
医療過誤の担当者たちを思い浮かべた。
当時の記憶なんてないしパソに残したものを見なけりゃ何も分からない。
私の身体のことなど分からず会話していたのだろう。
私に思考力なんてなかった。
最近鬼嫁に言われる。
「私の言ってりことが分からなくなったんじゃない?」
確かに理解できなくなっている。
これでも随分マシになったのだ。
だから書面にしてくれと言ったのにメモさえ持ってこなかった。

昨日の病院での私の会話は普通じゃないと気付いた。
未だ、そんなものなのだ。

洗濯物干さなくちゃ。

Pの側にも行きたいな。

いつになったら父に会える。
もう会えないのかも

洗濯物の干そう。
勿論室内だ。

14時だ。


Pと会った。
リードを外した。
逃げない。
庭の入口を開けた。
自分から庭に行き走っている。
あんまり走るなよ。

少しだけ側に居た。
身体を動かしてみた。
歩けない。

15時半に餌を与えて家に入った。
16時。
一挙に寒くなる。
Pの食器を洗った。

家に入りパソ。

偶然、娘のフェースブック見つけた。
メッセージだけ送ってやった。


17時半ころパソの再起動。
ベッドに寝てたら鬼嫁が帰ってきた音がした。
再起動する前に爆睡。
目覚めたら20時。
ツイッターで遊んでた。

炬燵が温まったころだろう。
晩酌しながらTVを見よう。

今夜こそベッドに寝よう。

父に写真をプリントして持って行きたい。
父の昔の写真もコピーしてプリントしたい。
どうせ見ても分からないだろうけど。
Pを父に合わせたい。

明日も寒いのかな。

22時時30分。

今日も読んで頂きまして有り難うございます。
       押してね m(__)m

        にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ


7時。
相変わらず痛みが引かない。
目覚めて暫く動けない。


7時半。
トイレまでの道のりが遠く感じる。
ぴーは妻と散歩に出てた。

8時前に起床。
妻は出勤済み。
朝食とコーヒー、新聞を早めに済ます。
10時頃には出発せねばならない。
ストレッチと腕肩の運動だけをした。
それをやらなきゃドライブ出来ない。 

小雨の中を10時過ぎに出発。
ドライブしながらPTの事を考えていた。
私の性格を勘違いしているのかもしれない。
障害に対する知識が無いのだろう。

次に最初の主治医を思い出した。
自分のような人間は一般社会じゃ生きてはいけぬ。
資格商売でもするっきゃない。
取った資格が医師免許。
今の主治医を思い出す。
訪問リハビリの責任者に何か言ってくれないかなー。
主治医の名前を聞けばけっこうな圧力になるしー。
運転中にこんな事考えてたら危なくてしょうがない。
くだらないこと考えるの止めなくちゃ。
こんな考えポーイ
その程度のスキルは在るのです。
妄想さん、さようなら〜 (^^)/~~~

病院入り口の「思いやり駐車場」から車が1台出て行った。
ラッキーヤッタネ。
 
ボランティアに駐車場から車椅子で運んでもらった。


今日の予約は11時15分。
受付で尋ねたら2番目だと言う。
30分経っても診察室から患者が出て来ない。
余程の重症者が居るのかな?
主治医が廊下から待合室に入ってきた。
何だい、主治医の遅刻か。
相変わらず忙しいのか単なる遅刻かどっちだろう?
遅刻には慣れっこだし時間通りだとビックリする。
最近遅刻をしなかったので居るものだと信じてた。
神出鬼没で受付でさえ所在を掴めない。
遅刻をすると診察室で正直に謝る。
今日は何も言わなかった。
こんなことは始めてだ。
何かあったのかな。
でも機嫌は悪くなかった。
似たようなものだから大体分ってしまうのだ。
忘れないうちに私から要件を切りだした。
予約の間隔。私が忘れていただけだった。
歩けなくなった経緯を説明した。
痛み止めを出して貰えるならお願いします。
胃に悪いから少しで良いです。

苦情を言った事だけ伝えた。
主治医に言われた。
苦情については「私らしい」
「あんまり揉めない方が良いぞ」

「いざという時に切り捨てられますからね」と答えた。

怒ってもろくな事が無い事くらい分っている。 
この辺りにスタッフを抱えている訪問リハビリは少ないのだ。
最後に「また歩けるようになるよ」。
確かに歩けたり歩行不能になったりの繰り返しだ。
「その言葉は嬉しいけど先生の専門と違うじゃないか。」
などと考えてはいけないのだ。
主治医の専門分野ならそれで正解なのだ。
病院の職員に車椅子で運ばれ会計を済ませた。
13時に小雨の中を帰宅した。 
ぴっぴが待っていたが急いで家に入った。
痛み止めが切れる前に昼食を食べなきゃならない。
領収書を妻が気付く場所に置かねばならない。
何だかんだで14時を過ぎた。
雨足が強くなってきた。

残っているリハビリは無い。
寝てるかパソの前に居るかぴーに会いに行くかしかない。
そろそろ痛み止めが切れてきた。
ぴーに会えるのは夕食を与える時だけかな。
歩行不能じゃ何も出来ない。
14時半になるのか。
ツマラナイな。


15時半から16時半までぴーの側で腰掛けていた。
STをやった。
が行の濁音を鼻濁音でやってみた。
昔はあんなに得意だったのに。
発語はゆっくり行った。
早口言葉もゆっくりやった。
鼻濁音をやったせいか声が出しやすくなった。
最近ダメだったMPTが15秒出来た。
声が出しやすかったからだと思う。
20mの歩行練習。
ちゃんと歩けた。
でも20mが限界だった。
痛みが出た。


少し早いがぴーに夕食を与えた。
5分間くらいぴーと遊んだ。
OTのつもりでぴーの頭を撫でようとしたら霧雨で濡れていた。
体毛がくっつくので左右に20回づつ撫でまわしてお終い。

例のPTに先週言った事。
低気圧のせいか調子が悪い。
「低気圧で調子が悪くなるんですか?余り聞いた事が無い」

何考えてんだと思った。

自分の喉を指さして、脳梗塞になるとここも関係するの?
「関係無いですよ」
左片麻痺だから関係ないと言ったのか。
私は構音障害なんですけど。
私は以前から今日は声が出し易いとか出し難いと話題にしていた。
今でもほっぺたの内側や唇、そして舌を噛んでしまう。
関係無い訳ないだろ。

それでもこれ以上苦情は言わない。
「あのPTを外してくれ」
それで充分だ。


「知識や技量、経験があるの?」
「有りますよ」と別のPTに言われた。
入院中にみんながやってたマッサージと稼働域の確保だけだろ。
それで知識と経験と、技量が有ると言うのか。 

17時。
妻が所用で外出。
10分以内に戻ってくるだろう。

16時時点の気候。
気温20℃。
風速1m。
雨量2mm

明日の天気予報
曇り。降水確率30%。
最高気温24℃。最低気温19℃。
にわか雨や雷雨の可能性有り。

病院への行き帰り時は22〜23℃だった。

明日も歩けないのかな?
立っているのも辛いのかな?

バランスを取る自信が無いからシャワーも浴びれない。
ぴーと遊ぶ事も出来ない。
何をやってりゃ良いんだろう。


いずれは入院することになりそうに思える。
今は入院出来ない訳がある。
このまま身体が壊れていくのだろう。
心も病むかもしれない。

未来が見えない。


今日も読んで頂きまして有り難うございます。
       押してね m(__)m

        にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ

臀部の筋肉が落ちていた。
入院、通院リハビリ共に不可。

脳梗塞の主治医に紹介状書いてもらったが入院は不可。
リハビリ通院も見込み薄。

こんな部屋でどうやってリハビリしろというのだ。

鬼嫁は勝手なことばかり言っていた。

認知症で精神病棟に入れたいらしい。
私が居なくなれば良いらしい。


暖かな散歩日よりだった。
我が家の周りだけ雪と氷が残っている。
散歩に行きたいが家から出れない。

寝たきりも間近かな。
情けない。
そして悲しい。
もうどうでもいい。

今日も読んで頂きまして有り難うございます。
         押してね m(__)m
       にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へにほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ


聞こえる方の耳を殴られた。
警察に通報するべきか。
只の夫婦喧嘩としか見ないだろう。

家裁の調停に行く元気も無ければ声も出せないから意思表示が出来ない。
離婚調停じゃないか。

おだてようにもおだてようが無い。


今までに書きたい事が山ほど有った。

狭苦しい自室。
サッシもカーテンも開かない。
外の景色が見たい

表に出たい。
ぴっぴに会いたい。
何もしてあげられない。

ベッドに転がってばかりいる。

さすがに気力が萎えてくる。

こんな部屋ではリハビリなんて無理だ。

人に会いたい。

自宅の風呂に入りたい。

どうなっちゃうんだろう。

去年より寒いのだろうか。
気温のせいなのか。
光熱費で文句を言われるがヒーター点けた。

こんな生活したくない。
どんな名目でもいい。
入院したい。


今日も読んで頂きまして有り難うございます。
         押してね m(__)m
       にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へにほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ



こんな記事を書くだけで3時間かかる。
考える力も無い。
コメントにレスする気力はありません m(__)m



昨日鬼嫁がきた。
長時間いた。
Pを散歩に連れて行った。
私は散歩に行くのをやめた。
散歩に行く体力も無かった。

自主リハビリを1通りすることにした。

入院中に
「朝・昼・夕方に3セットずつやりなさい」
と言われた内容に近い。

今は1セットを1日に2〜3回だ。

入院中は他にもいろんなことをやらされていた。
自分で歩行練習もしていた。
自主リハビリだけで5時間以上だ。
病院のリハビリ室で行うリハビリは3〜4時間だけだった。



「クリック」が生きる力になります。
押してね m(__)m


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ



昨日は21時に犬小屋の出入り口を塞いだ。

今朝は9時に目覚めた。

関節はもとより体中の筋肉が痛い。
腰の痛みが際立つ。
急いでベッドから這い出たが歩くことが辛い。

トイレを済まし、犬小屋の出入り口を開けた。

Pを12時間も暗闇の中に閉じ込めてしまった。

熟睡していたからPが夜中に吠えたかどうか分からない。

ベッドに戻って2度寝。

湿度は高いが適度な気温だ。
右半身の体温は高めだ。
左半身は寒気がするくらい冷たい。
布団をかぶって寝た。
こんな日は着る物に悩む。

目覚めたら11時を過ぎていた。

朝食(昼食?)はトーストと牛乳で済ませた。
新聞に目を通し始めたら睡魔が襲ってきた。

Pに朝食を与えたのは12時近かった。

Pを庭に放して排泄させるために庭から出れなくしようとしたら誰かがごみの整理をしていた。
仙台だった。

Pの逃げ道を塞げない。
塞げる状態になったら知らせるように頼んで部屋に戻った。
そして記事を書いている。



昨日、鬼嫁が来てトイレやふろ場で何やらごそごそやっていた
最近通じが良くなっていたのに、その機会を逃してしまった。
今夜下剤を飲むしか無さそうだ。
下剤は調整が難しいのだ。


考えてみたら鬼嫁は出産以外に入院したことが無い。
生死の境目にいる人間や病気やけがで苦しむ人間、
言葉を失った人間、自分が何者なのか分からなくなった人間、
そんな人間の群れの中にいたことが無い。
言葉でだけなら知っているだろうが、
理解や共感を求めるのは無理というものだ。


ADHDに対しても同じだ。
長女の2次障害の相手はした。
講演などにも出かけたが、
母親としての愛情だけで行動していた。
あくまで母としての感情だけで行動していた。
辛かったのは確かだが、
ADHDの概念まで理解していたわけではない。
まして当事者の試行パターンや
対処法(2次障害を含む)を知ったわけでもない。

定型者が当事者の気持ちを理解・共感することなど
無理と知っている。


それでも、概念位は知ってほしかった。
当地には親の会もあったから参加してほしかった。

私は当時にしては知っていたほうだった。
鬼嫁がしなければならないことを何度も教え。
今はそんな事があったことさえ覚えていないだろう。
1度は「分かった」と言う。
でも守らない。
母としての感情が優先し、反対の事をする。

何か事が起これば私が対処するしかなかった。
周りは対処の仕方についてこれなかった。
私の父だけが一緒に行動してくれた。
父はADHDは知らなくても、俗に言う問題児を多く見た経験があった。
私のやろうとする行動を当然のように受け入れてくれた。



鬼嫁が私に
「やればできる」
「やる気の問題だ」
「甘えている」

と言った。


私の症状やリハビリを知ろうともしないのに。

過去記事を見たら、
最初の入院先で1〜2時間リハビリしていたのは私1人だった。
病院側の事情もあったが、他の患者達は正味20分間だけだった。

「クリック」が生きる力になります。
押してね m(__)m


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ


Pが朝の1時頃から「ワンワン」うるさかった。
24時に就寝したかったが気になって寝るに寝れない。
そのうち大人しくなるだろうとソリティアしながら様子を窺っていた。
股関節が痛かったが時々様子も見に行った。

一向に大人しくならない。
2時半を過ぎても吠えている。

近所迷惑この上なし。

無理やり犬小屋に引き入れて出入り口をふさいだ。

可哀そうだが苦情がきても対処のしようがないのだ。

お陰さまで睡眠時間5時間なり。

通所先のベッドで仮眠を取った。
その後風呂に入ったが時間が短すぎる。
もっとしっかり洗って欲しかった。

昨日200メートルほどPの散歩をしたので疲れが残っていた。

リハビリ初日は体力チェックだけだった。
体力チェックだけで疲れ果ててしまい
予定より早めに家まで送ってもらった。

家に戻り食器を洗い米を研ぐ。
しばらくPの相手をする。
今日はドピーカン。
じっとしてても汗が出た。

夕食後に洗濯しながらシャワーを浴びよう。
ソリティアに入れ込まないようにしなければ。。。
自信なし。


本日は自主リハビリをする体力が有りません。

だから何にもしませんしてません。

Pの散歩は40mが限界でした。



Pの爪が伸びてしまうので少しでもコンクリートの上を歩かせたい。

昔の散歩コースに近づくと行きたくて仕方がないのだろう。

一生懸命引っ張るから爪も少しは減るかも知れない。

無理やり引きもどすと諦めて家路につく。


爪が伸びると内部の血管も成長してしまい爪を切れなくなってしまう。
先週鬼嫁が動物病院で切ってもらってきたが血管までは切れない。


Pの爪はずいぶんと伸びてしまった。



今の私は「クリック」だけが励みです。
押してね m(__)m

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ



病気で入院した翌日だったと思う。
私は病室内のトイレまで何とか歩い行った。

ベッドに戻って来たらベッドの手前に鬼嫁の後ろ姿があった。
持参した荷物をかがみこんだ姿勢で懸命に整理している。
ちっとも私に気付かない。

時間にすれば2・3秒くらいだったのかも知れない。

私にはとてつもなく長い時間に感じた。

立っている限界が迫っていた。

隣のベッドの患者も「早くどければ良いのに」と心配顔で見ていた。

「ごめんね」とか「どいて下さい」なんて悠長なことを言っていたら倒れてしまう。


大声で
「どけ!!!」
怒鳴りつけてしまった。 


鬼嫁は私のために一生けんめい動いていたのだ。
根に持っているはずだ。

私は弁解も説明もしていない。

その2・3日後に動かない身体になってしまったからだ。



退院後自主リハビリをしながらPの相手をしていたら転倒骨折入院。


入院時に
「私は病院には行かない」
と言ったと聞かされた。

怒鳴りつけたことも原因の1つだと思っている。

長男が
「そんなこと言ってる場合じゃないだろう」
とたしなめたらしい。


でも怒鳴りつけなければ私は倒れていたし医師と看護師が飛んで来る事態になっていた。

鬼嫁には説明していないままだ。


私はそういう面が下手なことは自覚しているし対処の仕方も覚えたつもりだ。


あの後は1ヶ月間ベッドに転がっていただけの身だ。

会話することさえ苦痛だったし言葉も明瞭ではなかった。

唇が血だらけで驚いたことがある。
感覚が無いから自分で噛み切っていたことにも気付かなかったのだ。


そんな身体で何を話せというのだ。



確かにリハビリの行き帰りは歩いていた。

1つ1つの動作を考えながら歩行していた。

カタツムリみたいなものだ。

リハビリ担当者は私が転倒しないよう通常の患者よりしっかりとガードしてくれた。

親族には私が歩行していたので実際の症状よりも軽いと伝わっていたらしい。

リハビリの時間は他の患者の2倍だった。

その理由は以前記事にした。




以前のように話題がそれてしまう。
少しは落ち着いたのだろうか。


今の私は「クリック」だけが励みです。
押してね m(__)m

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ

パパはお出かけするとき、運転席の窓から「ぴーは番犬」と言う。



お散歩中に足が痛くなると私に引っ張られるのが嫌で文句ばっかり。
最後は「ぴー、バイバイ」。
私はバイバイがきらいなのっ
いうことをきかないと無理やり引きずられちゃう。
私を虐待してるのよ。

パパなんか訴えてやる!
TS3W0011(2)

「だって痛くて歩けないんだもん」
「行き倒れになるよりましだ」
「チョロチョロ動き回るぴが悪い」
「おバカっぴ」

確かにバイバイは身に染みるみたい。
私が居なくなってしまうことだと理解している。



ぴっぴの散歩をしていたら救急車のサイレンの音がする。
だんだん近づいてくる。
すぐ近くに停まったので見に行こうとした。

ぴっぴが動こうとしない。
リードを引っ張って「おいで」と言っても動かない。
「来い!」と言っても動かない。
振り返ると、絶対に行くものかという顔で、必死に前足を踏ん張っている。
あんなぴいすけを始めて見た。

そうだよなー。
ぴっぴの前で倒れたまま動かない。
ピーポーの音がすると居なくなっちゃう。
バイバイは嫌だよな。

日中はいつも、私の脇で嬉しそうに寝転んでいる。
TS3W0176





病室で昼飯を食べてたら主治医が来て、「ぷうすけさん、退院しても良いですよ」だって。
「女房の都合で、27(火)辺りにならないと退院出来ません」と答えておきました。

「だいぶ時間があるね」「通院してもらいます」
「骨が固まるまで3ヶ月かかります」(12月でございます)
それでも元通りの丈夫さにはならないらしい。
「車の運転は大丈夫です」「通院してもらいます」。

私は歩き方や階段の登り降りくらいは知っている。
それはリハビリ担当者も知っている。

筋力が伴わないのが問題なのだ。
そして痛みが引かない。
それらがクリア出来なければ退院出来るわけが無い。

最低2週間、出来れば3週間欲しい。


フクシマで仕事を探すのだ。
死の町フクシマ、放射能をうつすフクシマで。

歩く、座る、立ち上がる、階段昇降が出来なきゃ話にならないし、未だに出来ない。

介護保険の認定がおりた。
まーた、要支援2。
こんな財源不足の田舎町で認定されるのは、とても有り難いというか、それが妥当な身体と認識できたというか。悩みます。
認定期間だって長いし。
でも、介護保険で何が出来るかというと何も出来ないのです。

食べています。
飲んでいます。
メールは週3回位に減らしました。毎日だと戦争勃発。


やっと夜中に5時間近く眠れるようになったのにイライラする。
低気圧のせいか、鬼嫁のせいか?
やっぱり鬼嫁のせいだな。
久しぶりに頭痛までする。

歩行練習の途中、休憩室で一休み。
ついでに間食。

あーウルサイ!!
部屋に戻って寝ようかな。
休憩室は方言ストーミング。
町ごとに言葉が違うから溜まらない。
半分くらいは理解出来る。
理解出来るのとムカムカするのは別物。
ホントに柄が悪い。
部屋に戻って寝る!

そういえば早朝から母親と電話した。
何を言ってるのか全く分からない。
鬼嫁の言葉は更に柄が悪い。
標準語を違う意味で使うな!

方言なんだけど、日本語の使い方を間違えているとしか感じない。

ムカついていたら昼飯の時間ではないですか。


食べました。
飲みました。
明日の予定をメールしました。

ぴっぴの来る時刻とシャワータイムがバッティング。

また文句タラタラのメールが来るのかな?
決めるのは病院だーっ!(`o´)

それとも返信メールさえ来なかったりして…。

ぴっぴ!
1人で来い!!

ムリだよな (-"-;)

こらっ!
鬼嫁!
来ても良いぞ。
ぴいすけを連れて来い!!


返信メールが来た。
午後7時?
間違いじゃ無いのか?
追求すると角だすもんな。

ぴいすけのお休みタイムじゃないか…。


先ほど主治医がやって来ておかしな事を言いました。

「多少は、ねじれて付くこともある」
そんな気がするのだ…。まあ、いいけど。

「全過重して、杖突いて歩ければ帰れる」
「頑張れば今月半ばに退院出来る」
それは困る、早過ぎる。
私はぴっぴと遊んであげなきゃいけない。
散歩もしてあげなきゃいけない。
たまには晩御飯くらい作らなきゃ鬼嫁が怖い。
杖無しで歩けるようにならなきゃならない。

退院は24日の仏滅あたりか次の週を希望する。
病院が混んだらムリだけど…。

今日から個室。

毎日のように退院していく。
今夜は私1人きり
o(^-^)o
3日間くらい1人でいたいぞ。

彼女が居ないから看護婦さんでも待ってましょ。
たまにはテレビでも見ようかな?イヤホン要らないし。見たいテレビ番組なんか無いけど。


9月1日

食べた。飲んだ。
メールはしない!

昨日の返信メールで血圧が30も上がってた。
午前のリハビリは上半身のみ。

病室にトイレ用として歩行器常備。

夕方にレントゲン。答えは明日か明後日か?

8月31日

食べた。飲んだ。メールした。

本日からリハビリは歩行訓練がメイン。
午前は30m、午後150m。
左ひざ周りの筋肉、靱帯が弱っている。
歩き出すと痛む。
次にスネの骨折箇所。
最後に足首捻挫。
今回の手術跡と膝、どちらが痛いだろう。膝かな?

2〜3週間の間にお試し外泊を目指す。

骨折箇所は耐えるのか?
強度と血管はどこまで耐えるのか?


返信メールが来た。
おっ!「良かったね!」だって。
ぴっぴも来るそうな。

続けてもう1通。
訳の分からんグチと当てこすり。
説明したら逆ギレ。
バカ鬼嫁!

電話もメールも着信拒否だーっ!


食べた。飲んだ。メールした。

リハビリ室で歩行器に捕まって歩けた。
過重は上限30Kg。
距離80m弱。

昨日から痛みが消えてきた。
代わりに古傷の膝、足首、スネが痛み出した。

食べました。
飲みました。
メール来ました。

ぴっぴくるそうなo(^-^)o

疲れて寝てばかり。
新聞読み切れません。

以上。

食べてました。
飲みました。
朝早くメールしました。

「仕事とぴの散歩、ご苦労さまです」
返信はありませぬ (-_-#)

左脚は体重の半分まで加重して良いことになりました。
ところが別の医師から、
血管が損傷してる可能性があるので、時間をかけたほうが良い。
まだ疼痛がある。
45歳になると骨の付きが弱くなり、くっついた部分がズレやすい。(ズレても戻る)
そんな訳で、じっくり時間をかけてのとリハビリとなりました。
再手術の可能性はゼロにしたいです。
痛いリハビリやらずに済むのだ (^O^))

今は左腕のリハビリが半分です。
左腕の力、ゼロです。本格的筋トレの世界なのです。(泣)

毎晩痛みで5〜6回目が覚め、携帯なんぞいじってていました。
今週に入ってから2回に減りました。

今日レントゲンを撮りました。
今のペースでリハビリを続けるのか
(゜∇゜)
太鼓判押されて大幅ペースアップになるのか
(ノ△T)


主治医は休みだったと思う。
答えは週末だな。
休むわけないから出張かも。
のんびり出来るのも今週までか
(-.-;)
来週からはハードディズ&ナイツなリハビリなのか
(ρ_;)しくしく

リハビリ中止よりは良いけどさ
(ノ△T)


報告おわり。

食べました。
飲みました。
メールしました。

さすが守銭奴鬼奴、もとい、鬼嫁様。
入院費支払いの段取り終わってた。

お金も無いのに守銭奴。
私にお小遣いをくれないから守銭奴…。

これからは、私が金の管理をするのだ。

♪ とは言うものの ♪
♪ ねえ ぴーたん ♪

どうせ勝てない。
勝てる訳がない。
また笑われる。

話題を変えよう。


「見舞いに来たよ」とメール着信。
どこを探しても居ないではないか。
メールには疲れた私は電話した。
前回入院した病院にいた (?_?)

「病室の番号は教えたけれど、病院名は教えてない」と言われた。

「私は口が固いから余計なことは言わないんだよね」とは言わなかった。
そんなこと言ったら叱られる。
離婚経験者の説教が再燃する。

ここは素直に謝っておくのだ。

もしかして他の人達にも病院名教えてないのか?
後で確認しようと思う。

リハビリの時間です。
疲れているからパスしたいです。

主治医がMRIとレントゲンの映像(コピー)持ってバタバタとやって来た。

壊死は認められず。
よって恐れていた手術も無し。


メールしました。
返信はありません。
病院からの請求金額も送ったから、ご機嫌斜めなのでしょう。
ん?何だかメールが来たぞ。角でも出したな。

メール確認のため一旦中止なり。

金の話しばっかりだ。全部説明してあるぞ。
良かったね、なんてのもあった気がするけど覚えてない。
福島の金銭感覚を持ち出されると腹が立つ。
せっかくの気分が台無しだ。


夜の8時過ぎに主治医が病室にやってきた。

オペや検査をした患者に説明して廻るのだ。
これが標準的な地方の勤務医のスケジュール。ついでに言うなら休暇も無い。

私は明日か明後日になるだろうと諦めていた。


一挙に疲れが出た。
ムカつくメールで疲れ3倍増。
眠ってしまった。


主治医が変なこと言ってたな…。
「明日から、加重、1/2にしましょう (^∀^)ノ」
聞こえまへん (・◇・)?
「まだ、とっても痛いから嫌でーす」
主治医が認めちゃった (@_@)

変な患者だ。(笑)

長かったリハビリも最終段階。
筋トレに的を絞るところまで辿り着いた。

数日間、筋トレのメニュー作成に悩んでいました。

いつも気をつけていた場所で、ほんの数歩の横歩き。
螺旋骨折以来、1年半ぶりの転倒。

♪ 救急車はまだか? ♪
♪ 患者は僕だ ♪

計ったような半年毎の救急車利用でございます。

次はドクターヘリだな。

♪ あ〜ああーあ 憧れーの ヘーリーイコブウター ♪

もしかしたらとは考えましたが、
「やっぱり骨折してたー」
などと喜ぶわけにはいきません。

2ヶ月間のリハビリが無になるのです。

またしてもチタン御用達。
なんだかサイボーグみたいな私なのです。
左腕にサイコガン付けなくちゃ。


そんなこと言ってる場合じゃないのです。

生命の危険も無く、手術の成功率7割なら喜びます。
当たるも八卦、当たらぬも八卦。新たな手術の確率3割は気が滅入ります。
それに近い心境です。

私は自分で答えを見つけ理屈で自己を押さえつけ自己完結させます。多分。トペンペさんに分析してもらったほうが確かだっしょ。
仕事で言うなら自己管理。目標とか相手が在って成立する。

会社を潰して退職金や権利をくすねて逃げた役員達の求める目標なんざ無視したけど。

それでも、これほどの「人災」を犯しながら「当事者責任を否定」し「損害賠償をも拒否」する「東京電力」の「人でなし」共に比べれば天使に見える。
まるでクリオネみたいだ。


話しを戻す。
「東京電力」は後回しだ。

相手とか目標があれば生きるために少しは闘える。

どうなるか解らないものを、ただ待ち続けるのは苦手だ。

SSTも無意味。
座禅を組んで無我の境地?座禅組めりゃ入院してません。

困ったもんです。

ミルクなんかめったに入れないのだ。

夕べのコーヒー、手つかずのまま残ってた。
ついでに薬も残ってた。(ケガと関係ないから必ず飲まなくても良い)

あれしきのリハビリで、疲れて眠る虚弱体質。
愛とお金に飢えた不幸せな私。
♪やーまーのー むこおにー 
何がー ああるー♪
フェードアウト。カットイン「午前2時のスケッチ」
♪ダーンダダーダダダダダダーン♪
(理解は求めておりませぬ)


「昨日の日記」


食べました。
飲みました。
メールしました。


6:00 起床

7:00 検温、新聞購入、ひげ剃り、洗顔
8:00-8:30 朝食、歯磨き、新聞、音声障害自主トレ
10:30-11:15 PT プルアップ2.5キログラム×30回
(`ε´)右手の1/10
左脚加重 加重と言うより腕で支えている感じ。左腕疲労こんぱい。
12:00-12:30 昼食
14:00-15:00 OT
14:45-15:15 シャワー
18:00-18:30 夕食
22:00 コーヒーを入れる

♪あとは おぼろ〜♪

私の音楽鑑賞歴は
♪ オッペケペッポーペッポッポー ♪
辺りからじゃないかと思います。

齢150歳くらいかも知れない。

ああ、連想ゲームが始まりそうです。
強制終了なり。

食べました。
飲みました。
メールしました。(今月は毎日です)

これを毎回書くのか
(ρ_;)渡る世間は鬼ばかり
もとい、幸せな私でございます。
(;∇;)/~~アリガトネー
★誰も意味分かんないから気にしないのでございます。


久しぶりにぴっぴと逢いました。
今日も振り返ることなく、鬼嫁と仲むつまじくお帰りになりました。
車の窓から一生懸命私を見て喜んでいた数ヶ月前のぴっぴはどこに行ってしまったのでしょう。
大人になったとは思えません。
私はぴっぴに捨てられてしまったのでしょうか
(T_T)シクシク


今日から骨折した脚に加重開始。
上限は20キログラム。
物足りないけど、じっくりリハビリしなきゃいけない骨なのだ。
脚力が無くなってしまったので数分しか持続できない。情けないのだ。

その間に松葉杖が使えるようになりそうな気がします。
肩の筋肉が日増しに回復しています。


ラッキーかアンラッキーかは来週の検査待ちなり。

ラッキーだと、いいなー。

不安でございます。
1時間おきに目が覚めます。
リハビリの疲労蓄積と相まって寝覚めが悪いです。



昨夜は発熱(平熱+2℃)と筋肉痛でひどい目にあった。

体幹の側わんは大分改善したと思ってた。
呼吸の改善は練習サボってたせいかストップしてた。

リハビリ担当が、縮こまった筋肉を和らげてくれた。
自分でも、ここまで酷かったのかと驚いた。
効果は分かるがチョイと痛い。

夜になったら、あちこち痛み出した。

熱まで出てきた

マッサージでいう、揉み返しみたいなものだろう。


また何度かやるんだろうな。
痛みは減るんだろうな…多分。


びっぴが来ない。
鬼嫁がスタミナ切れらしい。
週明けの平日に来るらしい。
平日の日中に来られても会う時間なんか無いぞ。

ただ寝転がっているのと勘違いしてないか?

ラッキーに推移すれば、今までで一番楽だけどね。


夕べ主治医様が言うことにゃ、「3〜4週間で発症しなければセーフです」
「MRI撮らなきゃ分かりまへん」

2週間後にセーフならOKなのね、良かった良かった。

何も良く無いぞ。

問題が無ければ9月下旬には退院してドライブでしょう。
入院前より筋力アップしてる可能性も大。
骨が固まるのは12月


アンラッキーな手術は随分進歩した。
20年前なら1ヶ月間、寝たきり。今じゃ術後2日目に立たせる。この病院ならリハビリ込みで1ヶ月の入院。


危険な場所と知りながら、気をつけていながら、どうして転倒するんだろう?
どうして1年半ぶりに転倒しなきゃいけないのだろう
情けないのだ。

来週から左足に加重をかける。
困ったことに左手で松葉杖を使えない。
3分の2加重や全過重が出来れば杖で間に合うが、くっつきにくい骨なのだ。
ズレたら困るのだ。

なんだか知らないけどリハビリに詳しいというか、モチベーション保つ知識が有ると思われたらしく、「リハビリなんてしたくない方」と組まされてしまった。
協力すれば良いことも在るだろう。
負担の無い程度に手伝いましょう。


リハビリオーバーワーク気味。
披露蓄積。
本日は軽めなり。
午前、午後ともに1時間の昼寝。


びっぴのお世話係からメールが来た。
びっぴ土曜日に来るそうな。
鬼嫁連れて来るそうな。

リハビリ病棟にお引っ越し。

憧れの電動ベッドが待っている。
優しさに満ち溢れた、若くてキレイでかわいい看護婦さんが待っている。

なぜだ!(怒)
生息していないはずの男性看護士が居るではないか。
ベッドも普通のものだった。マットは良くなりました。

つまらん (`ε´)

右足1本で歩けと言うのか?
空中浮遊など、したくても出来ん
もしかして勘違いしてないか?
私は若くて元気
o(^-^)o
リハビリの達人。
とか…?
術後3週間は何も出来ないのだぞ。
検査で引っかれば、それまでなのだ。

ダメの確率高過ぎる。ダメな時の処置は心得ている。所要期間や当事者の団体も知っている。回復レベルも知っている。残る痛みは巷で言われているほどじゃない。
怖いのは回復レベル。これだけが良く分からない。
もしも無事なら、回復する可能性がゼロとは言わない。
無事でなければ骨折時には戻らない。
良く解釈すれば、多いに期待が持てる。
悪く解釈すれば再手術。
両極端なのだ。

確率の問題じゃない。
ゼロか1の二つに一つ
あくまで、運なのだ。

左足を動かすは厳禁ですが、車椅子での館内移動を許可されました。

リハビリらしきリハビリは行いません。
全ては3週間目の検査結果で決まります。
まだ2週間もあるんですね。

リハビリ出来るといいなー。



前の記事を修正したかったけど、携帯ではムリでした。メモリ不足です。

会社を辞めて以来、面倒くさいことは、鬼嫁にゼーンブ押しつけてきた。
その間に仕事を見つけようとしたけどダメだった。
大ケガしたので家事も出来なかった。

鬼嫁様はリミットを超えてしまった。


※仕方がないからメールした※

長い間、家計を担ってくれてありがとう。
精神的に追い詰められているのは知っていた。
何も出来ない自分が情けなかった。
本当にすまないと思っている。
感謝している。

8月末から、アルバイトするつもりだったけどダメになってしまった。
歩行練習が始まるまで3週間はかかるだろう。
この身体じゃ、ギブアップするしか無いんだろうか?
今まで心配ばかりかけて済まなかった。
鬼嫁と子供達が大好きだ。

もう少しだけ俺を支えてください。
俺は負けるのが嫌いだ。
必ず復活してやる。
そして、鬼嫁様の負担を減らす。
だからリハビリ頑張る。
入院は2ヶ月だろう。
骨がくっつくのに5ヶ月。
螺旋骨折の半分以下です。
鬼嫁様にに恩返ししたいのだ。
お金を稼いで新車を買うのだ。
鬼嫁様とぴっぴとでドライブするのだ。それが私の夢なのだ。


在ること無いこと、イロイロ書いた。

言い訳まで書いてしまった。失敗したな。

駄文ですなぁ…。


入院当初の一ヶ月間、畳の目ひとつ程の僅かな回復を感じ取り、それを励みのリハビリ生活。

入院3週間目で、手首と指が「動くようになる」と確信したが、介護認定受ければ要介護2確実の寝たきり状態。介護認定の「地域格差」もなんのそのだったのだ。(笑)

リハビリ担当者が特別メニューを組んでくれ、人気の無くなったリハビリ室で1〜2時間のリハビリ。(通常は20分)

私は筋肉の感覚把握に自信があったし、リハビリ担当者も感覚の把握とその表現力を評価してくれた。
根拠の無き、夢や希望と次元が違う。

リハビリ担当者は放っておいても歩くと判断し、私も歩き方なら知っていると自負してた。
その病院で歩行訓練はしていない。
手足、とりわけ腕の感覚を取り戻すことだけに終始した。


ようやく、3週間目にして「動くようになる」と確信した。


辛くはなかった。
リアル・バーチャル入り乱れての応援があった。
私は1人ではなかった。

家人が病院に出入りする事も禁じ、リハビリに専念する体制を敷いた私だが、1人でどこまで耐えられたことやら。




今回の入院で、医療現場の過酷な現実や、医療体制の不備を知った。

やはり「県北地方」なのだ。

↑このページのトップヘ

ケアプロスト